コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタン・ハン あるたんはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルタン・ハン
あるたんはん
Altan Khan
(1507―1582)

中国、(みん)代、内(うち)モンゴルのトゥメト部長。俺答汗、阿勒坦汗とも書く。西北モンゴリア、青海方面を征伐して勢力を伸ばし、モンゴル最強のハンとなった。1570年明と和して、順義王の号を受け、また1575年居城フフホト(内モンゴル自治区)に対して明から帰化城の号を受けた。このころからチベット仏教(ラマ教)を信ずるようになり、1577年青海湖の近くに寺院を建立し、明から仰華寺の号を受けた。翌1578年ここに黄帽(こうぼう)派チベット仏教の教主ダライ・ラマ3世を招いてその信徒となった。なお、このときハンはダライ・ラマという称号を献じたが、これがダライ・ラマ号の始まりである。[若松 寛]
『青木富太郎著『万里の長城』(1972・近藤出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルタン・ハンの言及

【アルトゥイン・ハン】より

…17世紀西北モンゴリアのホトゴイト族長。アルトゥイン・ハンの名はロシア人の呼び方で,正しくはアルタン・ハンAltan Khan(金汗)という。その初代ハンのショーロイ・ウバシ・ホンタイジ(1623没)はウブス・ノール湖畔に本拠地を置き,モンゴル王公のうちでロシアと最初に外交関係を持った。…

※「アルタン・ハン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルタン・ハンの関連キーワードフフホト(呼和浩特)特別市アルトゥイン・ハン明の時代(年表)モンゴル(国)ダライ・ラマ万里の長城オイラートチャハルモンゴル北虜南倭嘉靖帝ハルハ張居正

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android