コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルデンヌ県 アルデンヌArdennes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルデンヌ〔県〕
アルデンヌ
Ardennes

フランス北東部,シャンパーニュアルデンヌ地域 (レジオン) の県。北はアルデンヌ山地内でベルギーと国境を接し,南はシャンパーニュ地方の北部を含む。県都シャルルビルメジエール。北部はアルデンヌ山地西麓のロクロア台地。標高約 350mの低木地帯の不毛の地であったが,現在は農地化され,牧畜が行われる。ムーズ川,スモア川にのぞむ部分は森林地帯。第1次・第2次世界大戦の激戦地として知られる。ムーズ川の沿岸は南北方向の交通路で,工業地帯を形成している。アルデンヌ山地南麓のジュラ紀粘土層内の低地は肥沃な農業地帯で,牧場が多く,穀物,テンサイの栽培も盛ん。ムーズ川とエーヌ川はアルデンヌ運河により結ばれるが,河間地帯東部は石灰岩質の地味のやせた台地で,森林が多く,西部はパリ盆地北東部の粘土質のポルシアン台地で,エーヌ川の谷とともに豊かな農業地帯。エーヌ川以南は乾燥シャンパーニュ地方で,かつてはヒツジの放牧が行われた不毛地帯であったが,現在は一部にマツを植林,牧草を含めた輪作による耕作も行われる。同県の産業は,スダンから国境に近いジベまで,ムーズ川に沿う一連の工業地帯が中心で,鉄鋼業のほか古くから知られる刃物などの軽工業も盛ん。スダン,ルテルなどには繊維工業もあり,工業生産額は全国平均を上回っている。面積 5229km2。人口 29万 6357 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルデンヌ県の関連キーワードシャンパーニュ(フランス)シャルルビル・メジエールアンドレ ドーテルロバート ランガR. ドーマルジェルソンアルゴンヌランボードーマルジャマンテーヌランガメリエセダン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android