アルバート湖(読み)アルバートこ

デジタル大辞泉の解説

アルバート‐こ【アルバート湖】

Lake Albert》アフリカ中央部、ウガンダとコンゴ民主共和国の国境に位置する湖。大地溝帯に沿って北東・南西方向に伸びる。長さ約160キロメートル、幅約35キロメートル。ビクトリアナイルとセムリキ川が流入し、アルバートナイル川が流出する。名称は英国ビクトリア女王の夫アルバート公にちなむ。アルバートニャンザ湖モブツセセセコ湖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルバート湖
あるばーとこ
Lake Albert

アフリカ中央部、アフリカ大地溝帯の西リフト・バレー北端の湖。コンゴ民主共和国(旧ザイール)とウガンダとの国境に位置する。アルバート・ニャンザAlbert Nyanza湖ともいう。北東から南西方向に細長い形で、長さ160キロメートル、幅35キロメートル、面積5345平方キロメートル。湖水面高度は620メートル。西側は急崖(きゅうがい)で、東側よりビクトリア・ナイル川が比高122メートルのマチソン滝から流入、ほかにカフ川、南のエドワード湖よりセムリキ川が流入し、アルバート・ナイル川が流出する。湖とアルバート・ナイル川は航行可能で、湖岸、河岸沿いに集落があり、漁業が営まれている。1864年にイギリスの探検家ベーカーSamuel Bakerがヨーロッパ人として初めて発見し、ビクトリア女王の王子名から命名した。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android