アルビヌス(英語表記)Albinus, Bernard Siegfried

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルビヌス
Albinus, Bernard Siegfried

[生]1697.2.22. フランクフルトアンデアオーデル
[没]1770.9.9. ライデン
ドイツの解剖学者。ライデン大学教授。胎児と母体の血管系が続いていることを最初に示した人。主著『人体骨格筋肉図譜』 Tabulae sceleti et musculorum corporis humani (1747) の解剖図は,比類なく精密なものとして美術家からも高く評価されている。

アルビヌス
Albinus, Decimus Clodius Septimius

[生]?
[没]197
ローマ帝国の帝位僭称者 (196~197) 。クロディウス・アルビヌスとも呼ばれる。騎士身分 (エクイテス ) の出身。ダキアゲルマニアの各地で戦い,戦績をあげ,192年ブリタニア総督に就任。 196年みずから皇帝と宣言し,ガリアに進出。さらに軍を率いてローマに向かったが,現フランスのリヨン付近の戦いでセプチミウス・セウェルスに敗れて死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android