アルフレッド ヘットナー(英語表記)Alfred Hettner

20世紀西洋人名事典の解説

アルフレッド ヘットナー
Alfred Hettner


1859 - 1941
ドイツの地理学者。
元・ハイデルベルク大学教授。
ドレスデン生まれ。
ハレ、ボンなど各大学で学び、1882年南米コロンビア調査。以後ロシア、北アフリカなどを旅行。1894年ライプチヒ大学員外教授。ハイデルベルク大学などの教授を歴任。ヘットナー学派を開き、「地誌学こそ、地理学の中核をなす」と主張。1913年日本アルプスを踏査した際、長野県梓川の稲核橋付近にあった花崗岩隗(ヘットナー石)を発見。擦痕から、モレーンであると考え、日本における氷河論争の発端となる。著書に「比較地誌学」(4巻、’32〜35年)などがある。晩年はナチスの迫害を受ける。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android