アルベロベッロのトゥルッリ

世界遺産詳解の解説

アルベロベッロのトゥルッリ【アルベロベッロのトゥルッリ】

1996年に登録された世界遺産で、イタリア半島南東部のプーリア州バーリ県にある、独特な建築様式の建物群と町並みの総称。アルベロベッロとはイタリア語で「美しい木」を意味し、その名は、とんがり屋根のトゥルッロ(「1つの屋根に1つの部屋」の意味。トゥルッロの集合体が1軒の「トゥルッリ」となる)が、まるで木々のように立ち並んでいる町並みから名づけられている。この家は、漆喰を塗ったまっ白い建物部分に、灰色の円錐形の屋根をかぶせたユニークな構造になっている。建物は、西ヨーロッパの伝統的な建築様式で、アルベロベッロ旧市街のモンティ地区とアイア・ピッコラ地区に約1000戸が集中している。このような独特の造形の建物と町並みが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はThe Trulli of Alberobello

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルベロベッロのトゥルッリ

古代から地中海沿岸に見られた独特の建築様式で造られた家屋で,平らな石を何層も積み重ねたとんがり屋根と,周囲に漆喰を塗った見事な白壁が特徴である。1つの屋根に1つの部屋があり,これらが複数集まって1軒の家をなす。イタリアのプッリャ州にある町・アルベロベッロには,これら鳩小屋のような家屋がびっしりと建ち並び,おとぎの国のような景観は世界的にも類例がなく,その価値が認められて1996年世界文化遺産に登録された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android