コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベロベッロ Alberobello

デジタル大辞泉の解説

アルベロベッロ(Alberobello)

イタリア南部にある村。トゥルッリと呼ばれる円錐形の屋根をもつ住居で知られている。トゥルッリは、16世紀の半ばから約100年間、開拓農民用住居としてつくられたもので、石を積み石灰を塗って仕上げた壁と、一つの部屋ごとに一つずつ載った円錐形の屋根が特徴。1996年「アルベロベッロのトゥルッリ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産情報の解説

アルベロベッロ

青い空に白い家々が並び、まるでおとぎの国に来たような錯覚に陥ってしまうような町、アルベロベッロ。建物の間を縫うように広がる道路は迷路のように入り組んでいます。この町のシンボルと言えば、なんといっても円錐形のとんがり屋根をもつ白い家「トゥルッリ」です。トゥルッリ建築とこれらの建物が作り出す街並みは、はじめて見た誰もが驚くに違いありません。見どころとしては、みやげ物屋が並び観光地化された「アイア・ピッコラ地区」と、今でも普通の生活が営まれている住宅街「リオーネ・モンティ地区」があります。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルベロベッロ
あるべろべっろ
Alberobello

イタリア南部、プーリア州バリ県の町。人口1万0855(2001国勢調査速報値)。ムルジェとよばれる広大な石灰岩台地の上に位置する。町の中核をなす「モニュメント地帯」には、この地方に特有な円錐(えんすい)形の屋根をもったトゥルッリといわれる家屋が1000軒以上も建ち並び、その独特の景観が観光客をひき寄せている。付近ではブドウ、オリーブ、アーモンドなどが栽培される。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルベロベッロの関連キーワードイタリア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルベロベッロの関連情報