アルマン サラクルー(英語表記)Armand Salacrou

20世紀西洋人名事典の解説

アルマン サラクルー
Armand Salacrou


1899.8.9 - 1989.11.23
フランスの劇作家
フランス著作家・作曲家組合会長。
ルーアン生まれ。
薬剤師の息子に生れる。パリで医学、哲学、法学を修め、「ユマニテ」の記者となる。映画助監督をした後、アトリエ座に入った。戦前の前衛劇を代表する劇作家になり、戦後は社会性の強い作品を発表したが、1960年代以降は第1線から遠のいた。フランス演劇界の最長老の一人で、’49年以来アカデミー・ゴンクール会員である。主な作品に戯曲「自由な女」(’30年)、「アラスの見知らぬ女」(’35年)、「怒りの夜」(’46年)、「デュラン大通り」(’60年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アルマン サラクルー

生年月日:1899年8月9日
フランスの劇作家
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android