アルマン(英語表記)Arman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルマン
Arman

[生]1928.11.17. フランス,ニース
[没]2005.10.22. ニューヨーク
フランス生まれのアメリカの美術家。本名 Armand P. Fernandez。パリのエコール・デュ・ルーブル,エコール・ナショナル・デ・ザール・デコラティフで学ぶ。 1957年頃から紙面を刻印で埋める「刻印」のシリーズを始めたが,1959年既製品と廃品を素材として直接用いることに目ざめ,以来,同形,同種の物体をアクリルの箱いっぱいに詰めた『集積』の連作を続ける (→アッサンブラージュ ) 。友人 Y.クラインなどとともに,フランスのヌーボー・レアリスム美術家の一人とされる。 1972年アメリカ国籍を取得,パリとニューヨークに住む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルマン

フランス出身,米国の画家・彫刻家。ニース生れ。本名アルマン・フェルナンデスArmand Fernandez。イブ・クラインの友人であり,ヌーボー・レアリスムに参加した。1955年頃からゴム・スタンプ印の反復による作品を制作し始める。このスタンプを箱に詰めた作品から《集積》シリーズが始まった。さまざまな廃品を寄せ集めて構成するアッサンブラージュと呼ばれる手法であるが,彼の場合には眼鏡やバイオリン,銃弾などを作品毎に集積し,常にひとつの作品を同一物で構成している点に特徴がある。溶接され,ポリエステルコンクリートに埋め込まれた廃棄物や廃品は,消費社会に対する批判であると同時に,構成の巧みさによって古典的とも言える均衡の美を生み出している。約60台の廃車をコンクリートで固めた高さ約18mの《長時間の駐車》(1982年)は,現代消費社会を体現する巨大なモニュメントである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アルマン【Arman】

1928~2005) 〔本名 Armand Fernandez〕 フランスの画家・彫刻家。日用品の廃棄物を圧縮し、プレクシグラスの箱に詰め込んだ作品で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルマンの関連情報