アル・カーイダ(読み)アルカーイダ

百科事典マイペディア「アル・カーイダ」の解説

アル・カーイダ

〈基地〉を意味するアラビア語al-Qaedaを名乗る反米テロのネットワーク。2001年アメリカの〈9.11事件〉をウサマ・ビン・ラディン(サウジアラビア出身)率いるこの組織の犯行とアメリカ政府が断定して注目されたが,もとはアフガニスタン戦争の過程で,アフガン人のジハード聖戦)を支持して集結した,多くはアラブ系の義勇兵が1990年代に結成。1998年のケニアタンザニアのアメリカ大使館爆破事件など多くのテロにかかわり,その支持者は欧米や東南アジアのイスラム教徒にも広がる。2004年には日本にもそのメンバーと見られる者が来日・潜伏していたことが判明した。2011年5月2日,パキスタン北部の潜伏先でアメリカ軍特殊部隊の急襲を受け,ウサマ・ビン・ラディンが殺害された。同年6月に,ザワヒリがアル・カーイダの後継者に就任したとされる。組織の連動の実体は不明だが,〈アラビア半島のアル・カーイダ〉など各地のイスラム過激派のなかにアル・カーイダを名乗る組織が存在している。
→関連項目アサドアメリカ合衆国アルジェリアイスラム武装勢力グアンタナモザワヒリタリバーンバグダディ東トルキスタンイスラム運動ボコ・ハラムマドリードマリ(国)ロンドン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android