アレウト語(読み)アレウトご(英語表記)Aleut language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレウト語
アレウトご
Aleut language

アリューシャン列島およびプリビロフ諸島 (アメリカ領) ,コマンドル諸島 (ロシア領) に話し手をもつ言語。ロシア領の言語人口約 700人 (1989) 。東部のユーナラスカ方言と西部のアッツ方言の主要2方言に分れる。エスキモー語と同系。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレウトご【アレウト語 Aleut】

エスキモー・アレウト語族に属し,アラスカ半島西半分とアレウト列島の600人,カムチャツカ半島東方海上のコマンドル諸島の20人に話されている(1982推定)。アラスカ半島東半分,コディアク島,プリンス・ウィリアム湾の住民も自らをアレウトと称し,他からもそう呼ばれてきたが,その言語はアレウト語ではなくエスキモー語である。エスキモー語同様,数多くの接尾辞を重ねることで語がきわめて長くなりうる複統合的言語。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアレウト語の言及

【アレウト族】より

…アメリカ合衆国,アレウト列島の先住民で,人口約5000(1970)。自称はウナンガンUnangan。ロシア領のコマンドル諸島にも500人(1979)がいる。人類学上はエスキモーとともにモンゴロイド人種の極北タイプに分類され,言語の面でも両者はきわめて近い親縁関係にある。そして,アレウト族の起源の問題は〈ベーリング陸橋〉を通じての新大陸への移住の問題,エスキモーの起源の問題と密接にかかわっている。列島海域が冬にも結氷しないという好条件に恵まれ,アレウト族の祖先は衣食住を海獣や海鳥の狩猟,魚介類の採取に依存する優れた海洋文化を生み出した。…

※「アレウト語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android