アレキサンダー・ソロモン ウィーナー(英語表記)Alexander Soromon Wiener

20世紀西洋人名事典の解説

アレキサンダー・ソロモン ウィーナー
Alexander Soromon Wiener


1907 - 1976
米国の学者。
ロックフェラー研究所員。
オーストリア生まれ。
ニューヨーク大学病院を経て、ロックフェラー研究所員となる。1940年、ランドシュタイナーとともにRh因子と名づけられたヒトとアカゲザルの血球間の共通の抗原を発見。Rhは、アカゲザル(Macacus rhesus)の頭文字を取った。また、輸血の際に同型ABO血液型でも副反応があることから、Rh因子の不適合がその原因であるとし、RH因子の有無によって血液型をRh(+)型、Rh(-)型に分けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android