コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンデル4世 アレクサンデルよんせいAlexander IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル4世
アレクサンデルよんせい
Alexander IV

[生]1199. アナーニ
[没]1261.5.25. ビテルボ
アナーニ出身の第181代教皇(在位 1254~61)。本名 Rinaldo di Segni。おじである教皇グレゴリウス9世により,1227年助祭枢機卿に,1231年にオスチアの司祭枢機卿に叙任された(→カーディナル)。前教皇インノケンチウス4世の反ホーエンシュタウフェン朝の政策を継承し,1258年にシチリア王となったマンフレートと戦った。マンフレートを追放したのち,イングランド王ヘンリー3世の子エドマンドにシチリア領を与えた。特にフランシスコ修道会托鉢修道会を支援し,パリ大学内の争いでは托鉢修道士を支持した。フランスにおいて異端尋問(→宗教裁判)を強化し,東西教会の再統合に尽力した。また,タタールへの十字軍の編成を試みたが実現はしなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アレクサンデル4世の関連キーワードアウグスティヌス会サンタキアラ教会ヘンリー(3世)アウグスチノ会ウルバヌス4世

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android