コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タタール タタールTatar

翻訳|Tatar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タタール
Tatar

(1) 8世紀初めにオルホン川流域に建てられた突厥碑文に初めてタタールの名がみえるが,8世紀中頃バイカル湖南東方面に居住しキルギス族を圧迫,オルホン川流域に進出した九姓タタールと,それ以東フルンブイル地方にわたって遊牧していた三十姓タタールとがあり,10世紀に両者は契丹の支配下に入った。金代にいたり後者に属していたモンゴル部が興起,1202年チンギス・ハンがタタール部族を討滅,モンゴル高原を統一すると,他部族もモンゴルを称したが,中国の宋人はなおモンゴルの遊牧諸族を韃靼と称した。 (2) 明代に滅ぼされて北走した元朝の子孫は,西方のモンゴル系の別部オイラート (瓦剌) を打ち破って,内モンゴルに覇権を確立した。明代の中国人はそれら元朝の子孫を韃靼と呼んだ。タタールは明初何度も明軍の攻撃を受け,オイラートにも圧迫され衰退したが,15世紀末ダヤン・ハン (達延汗) がタタールを統一,それを基盤に 16世紀中頃アルタン (俺答) は明に侵入して苦しめ,オイラートを外モンゴルから一掃,青海地方をも征服し,これらの地方へモンゴル族が移住,それが今日のモンゴル族の分布につながった。またチベットに遠征し,ラマ教のモンゴル族への流布の契機をつくったのも彼である。 (3) 13世紀にモンゴル族の侵入を受けたヨーロッパ人は彼らを悪魔 (タルタル) と称し,モンゴルとその支配下のチュルク系民族をタルタル,タタールと呼び,以来今日でも旧ソ連邦のヨーロッパ・ロシアカフカスシベリアのチュルク系住民はタタール人と総称されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タタール

歴史的には,ヨーロッパ,とくにロシアを脅かした内陸アジアの遊牧諸民族を指して,脅威と差別感をもって使われた呼称。13世紀にモンゴル軍とともに西進したキプチャク・ハーン国のトルコ系諸民族と,ブルガル人などの現地民が混血して残存した人びとをさすことが多い。
→関連項目イワン[3世]クリミア半島シンフェロポリソビエト連邦タタール語韃靼バシコルトスタンボイスモンゴル[人]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タタール【Tatar】

モンゴル系の遊牧部族。その本拠地はモンゴル東部,セレンゲケルレン川流域。その名は8世紀前半に建てられた突厥(とつくつ)碑文に初めて現れ,九姓タタール,三十姓タタール(トクズ・オグス)と称されている。また唐代の文献にもウイグルの支配下にあった韃靼(だつたん)の名が見えている。840年ウイグルが滅亡すると,モンゴリアには統一政権は生まれず,タタール部をはじめとする大小の遊牧集団が勢力争いを繰り返した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタタールの言及

【ハンティ族】より

…人口2万2300(1989)。ハンティ族は,北群(オビ川流域の河口からシェルカリまで),南群(オビ川沿いにさらに南下してイルティシ川流域のトボリスクまで),東群(ハンティ・マンシースクからオビ川中流域沿いに支流のバスユガン川流域まで)に三分され,文化的にも北群はマンシ族に,南群はタタールに,東群はセリクープ族により近い。しかしアス・ヤフAs‐jax(ハンティ語で〈オビ川の民〉を意味する)に由来する旧称オスチャークがかつてはハンティ族だけでなく,マンシ族の一部やセリクープ族(旧称オスチャーク・サモエード),ケート族(旧称エニセイ・オスチャーク)をも包摂したように,そこには言語的差異を超越する文化的共通性(例えば,川筋に半定住する狩猟・漁労民)が反映されていると思われる。…

【モンゴル族】より

…契丹は6世紀後半に突厥(とつくつ)の支配をうけたもののだいたい独立を保ち,10世紀初めに契丹帝国を,また中国の華北に進出して遼を建国した。遼の滅亡後,モンゴリアには,モンゴル系の部族としてタタール,ケレイト,フンギラト,メルキト,ウリヤンハイ,オイラート,モンゴル等の名が見られる。このうちタタール(韃靼)の勢力が強かったことから,中国ではモンゴリアのことを韃靼(だつたん)と呼ぶようになった。…

※「タタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タタールの関連情報