コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレオロゴス朝 パレオロゴスちょうPalaeologi; the Dynasty of Palaeologus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレオロゴス朝
パレオロゴスちょう
Palaeologi; the Dynasty of Palaeologus

ビザンチン帝国最後の王朝(1261~1453)。パレオログス朝とも呼ばれる。1261年8月ニカイア帝国ミカエル8世ラテン帝国の首都となったコンスタンチノープルを奪回し,創始。アンドロニクス2世アンドロニクス3世ヨハネス5世ヨハネス6世,アンドロニクス4世,ヨハネス7世マヌエル2世ヨハネス8世コンスタンチヌス11世の諸皇帝が輩出。典型的な衰微期の王朝で,中央集権制の行政機構は崩壊し,プロノイア制度による封建制度の悪弊が重なり,貨幣の悪化,貿易の不振,外国傭兵の増加,王位をめぐる内乱が続いた。ペロポニソス半島ミストラに人文学者ゲミストス・プレトンを中心に一大文化運動が起こったが,領土は首都の周辺にかぎられたため,政治的には不振であった。対外的にもバルカン半島のセルビア王国,小アジアのオスマン帝国に挟まれ,1365年オスマン帝国がバルカン半島のアドリアノープルに王宮を構えてからはトルコ勢力のなかの一孤島となり,1370年にはこれに進貢義務を負うにいたった。ヨハネス5世,ヨハネス8世,マヌエル2世のとき,東西両教会統一と引き換えに西側諸国の軍事援助を求めたが,いずれも失敗に終わった。チムールのオスマン帝国侵入により一時小康を得たが,オスマン帝国のスルタン,メフメット2世による 1453年4月7日から 5月29日の攻撃で首都は陥落,皇帝コンスタンチヌス11世も戦死し,330年以来の大帝国は終息した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パレオロゴス朝
ぱれおろごすちょう

ビザンティン帝国最後の王朝(1261~1453)。旧ビザンティン帝国の亡命政権であるニカイア帝国の皇帝ミハイル8世パレオロゴスPalaeologos(在位1259~82)が、旧首都コンスタンティノープルをラテン帝国から奪回して開き、以降9人の皇帝に受け継がれた。帝国とはいうものの、その領土は首都周辺とアテネ、ペロポネソスなどのみであった。国内では、土地を媒体にした皇帝と臣下の独特の主従関係であるプロノイア制によって封建制度が浸透したが、皇帝権の低下と地方豪族の台頭による絶えざる内乱、ベネチアなどイタリア商業都市の経済的進出などにより、国力は衰微の一途をたどった。バルカン半島のセルビア、小アジアのオスマン帝国に挟まれ、対外的にも苦戦を強いられた。ことに後者がバルカンを席巻(せっけん)し、アドリアノープル(現エディルネ)に首都を置くに至って、帝国の政治的独立は皆無に等しくなった。そして1370年には、ついにこれに進貢義務を負うに至った。諸皇帝は、東西両教会の再統一を条件に、ローマ教皇を通じて西欧諸国から軍事援助を引き出そうとしたが失敗した。1453年、最後の皇帝であるコンスタンティヌス11世はオスマン帝国のメフメト2世の総攻撃に敗れ、王朝は終息した。
 パレオロゴス朝は、政治的にはきわめて不振であったが、文化的には大いに栄え、のちに「パレオロゴス・ルネサンス」とよばれる一大文芸復興期を形成した。なかでも、ミストラにプラトン・アカデミアを樹立して多くの人文主義者を育てたゲミストス・プレトンの業績は高く評価される。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パレオロゴス朝の関連キーワードコンスタンティノス(11世)カハリエ・ジャーミーミハイル(8世)ビザンティン美術ビザンチン美術スフランツェス東欧美術ゼロタイ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android