コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス4世 ヨハネスよんせいJohannes IV Lascaris

2件 の用語解説(ヨハネス4世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス4世
ヨハネスよんせい
Johannes IV Lascaris

[生]1250
[没]1261?
ニカイア帝国皇帝 (在位 1258~61) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 4世とも呼ばれるテオドルス2世の息子で,父帝の死後,8歳で登位した幼児皇帝。摂政に父帝の信頼の厚かったムザロンを任命したが,彼はその9日後ミカエル (のちのビザンチン皇帝ミカエル8世 ) に暗殺され,ミカエル自身が摂政となり,副帝を称して (58) ,実権を掌握。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヨハネス4世
ヨハネスよんせい
Johannes IV

[生]?. ダルマチア
[没]642.10.12. ローマ
ダルマチア出身の第72代教皇(在位 640~642)。ローマで助祭長(→助祭)を務め,640年12月に教皇セウェリヌス(在位 640.5.~8.)の後継者として教皇に選出された。バルカン半島を侵略したスラブ人に捕われたキリスト教徒の救出のため,使者を派遣した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハネス4世の関連キーワード弘長フリードリヒ[2世]グライダー競技地方財政計画成田新高速鉄道飛騨牛弘長清見寺文応ラテン帝国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone