アレクサンドロフスク・サハリンスキー(英語表記)Aleksandrovsk‐Sakhalinskii

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドロフスク・サハリンスキー【Aleksandrovsk‐Sakhalinskii】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)北西岸の海港。人口8500(1991)。南にドゥエ炭鉱があって石炭産業の中心地であるばかりでなく,漁業・林業等がさかん。鉱山学校,医療学校,師範学校も設置されている。1881年タタール海峡の監視のため,アレクサンドロフスク哨所として設けられ,十月革命前にはサハリン島の徒刑監獄や流刑植民地を管轄する軍務知事の政庁があった。90年には作家チェーホフが調査のためこの地に滞在し,翌91年調査報告《サハリン島》が生まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android