コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドロフスク・サハリンスキー Aleksandrovsk‐Sakhalinskii

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドロフスク・サハリンスキー【Aleksandrovsk‐Sakhalinskii】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)北西岸の海港。人口8500(1991)。南にドゥエ炭鉱があって石炭産業の中心地であるばかりでなく,漁業・林業等がさかん。鉱山学校,医療学校,師範学校も設置されている。1881年タタール海峡の監視のため,アレクサンドロフスク哨所として設けられ,十月革命前にはサハリン島の徒刑監獄や流刑植民地を管轄する軍務知事の政庁があった。90年には作家チェーホフが調査のためこの地に滞在し,翌91年調査報告《サハリン島》が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android