コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タタール海峡 タタールかいきょうTatarskii proliv

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タタール海峡
タタールかいきょう
Tatarskii proliv

別称間宮海峡。ロシア東部,ハバロフスク地方とサハリン島とをへだてる海峡。北方はサハリン湾を経てオホーツク海へ,南方は日本海へ続く。南北の長さ約 650km。幅は南部で約 340km,北部で約 40km,最狭部では 7.3km。全体に水深が浅く,また浅瀬が多いため,ごく小型の船しか航行できないが,冬は結氷し,氷上を往来できる。 1808~09年に間宮林蔵サハリン (樺太) が離島であることを突止め,シーボルトがこれをヨーロッパに発表,この海峡を「間宮海峡」と命名した。北部にある最狭部は,49年にここを調査したロシア人の名をとってネベリスコイ海峡と呼ばれるが,また同部分のみを間宮海峡と呼ぶこともある。沿岸主要都市はソビエツカヤガバンアレクサンドロフスクサハリンスキー,レソゴルスク,ウグレゴルスク

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タタール‐かいきょう〔‐カイケフ〕【タタール海峡】

間宮海峡」に同じ。韃靼(だったん)海峡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タタール海峡【タタールかいきょう】

サハリンとアジア大陸との間にあり,オホーツク海と日本海とを結ぶ。最も狭い部分をさして,間宮林蔵の探検にちなみ〈間宮海峡〉と呼ぶこともある。南北の長さ852km,幅は北部で46km,南部で343km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タタールかいきょう【タタール海峡 Tatarskii proliv】

アジア大陸とサハリン(樺太)島を分ける海峡。北はオホーツク海,南は日本海に通じる。広い海域をとった場合にタタール海峡(韃靼(だつたん)海峡)と呼び,最も狭い部分を間宮海峡(ロシア名はネベリスコイ海峡Proliv Nevel’skogo)と区別して呼ぶ例もある。最狭部の幅は約7.3km,深さは最浅部で約8m。冬には結氷して徒歩で結ばれる。1808‐09年(文化5‐6)江戸幕府の命で樺太を探検した間宮林蔵は,09年夏にサンタン船で海峡を西に渡り,樺太が島であることを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

タタールかいきょう【タタール海峡】

間宮まみや海峡の別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タタール海峡
たたーるかいきょう
Татарский Пролив Tatarskiy Proliv 

ロシア連邦のシベリア東岸と樺太(からふと)(サハリン)との間の海峡。日本海とオホーツク海とを結ぶ。南北に長く633キロメートル、幅は南部の日本海寄りで342キロメートル、北部で40キロメートル。最狭部はシベリア側のラザレフと樺太のポギビの間で、幅7.3キロメートル、日本ではこの部分を間宮(まみや)海峡とよぶが、ロシア連邦では発見者のロシア人ネベリスコイにちなみ、ネベリスコイ水道Пролив Невельского/Proliv Nevel'skogo という。1808(文化5)~09年に間宮林蔵、松田伝十郎らは、海峡を調査して樺太が半島でなく島であることを発見し、間宮海峡の名を残した。北部にはアムール川河口のアムール湾がある。水路誌によると、北部の主水道の水深は低潮位で約4メートル、小船舶がかろうじて通行できる程度である。11月から5月ごろまでは結氷し、そりで通行ができる。[須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タタール海峡の関連キーワードムラビヨフ(Nikolay Nikolaevich Murav'yovアレクサンドロフスク・サハリンスキーソビエツカヤ・ガバニシホテアリン山脈シベリア横断鉄道アムール[川]リマン海流アバチャンアムール川ホルムスクネベリスク韃靼海峡別名オハ泊居

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android