コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレンの規則 アレンのきそく Allen's rule

4件 の用語解説(アレンの規則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレンの規則
アレンのきそく
Allen's rule

寒い地方に生活する定温動物ほど耳,翼,脚,吻,尾などの体の末端部が小さくなるという法則で,ウサギの耳などで実例が知られている。これは体表面積をできるだけ小さくすることにより,体温の発散を防ぐ適応であると説明されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アレン‐の‐きそく【アレンの規則】

寒冷地に生息する恒温動物は、温暖な地方のものに比べて耳・首・肢・尾などが短く、体表面積を少なくして体熱の発散を防いでいるという法則。英国の動物学者アレン(J.A.Allen)が1877年に提起。アレンの法則

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アレンのきそく【アレンの規則】

イギリスのアレン(J. A. Allen1848~1899)が1877年に指摘した現象。一般に恒温動物の同種または近縁種の個体の間では、寒冷な地方に生息するものほど、体表からの熱の発散を防ぐために四肢・尾・耳など突出部が小さくなる傾向があるというもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレンの規則
あれんのきそく
Allen's rule

動物の体部の大きさと気候条件との間に存在する規則の一つ。同種の恒温動物では、寒冷な地方に生息する個体の体の突出物(四肢、尾、耳、鼻面など)のほうが、温暖な地方の個体のものより比較的小形である現象をいう。イギリスの自然科学者アレンJ. A. Allen(1848―1899)により1877年に明らかにされ、寒冷地域の生息者が体熱の消費を軽減するための適応として説明される。同様の現象は変温動物の吻(ふん)、触手などでも観察される。[八杉貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレンの規則の関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議いいぎりイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリス・ロマン派学会イギリス下見イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone