コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変温動物 へんおんどうぶつ poikilotherm; poikilothermal animal

7件 の用語解説(変温動物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変温動物
へんおんどうぶつ
poikilotherm; poikilothermal animal

通称,冷血動物 cold-blooded animalともいう。外界の温度変化によって体温が変る,無脊椎動物全般と脊椎動物の魚類,両生類爬虫類の総称。体内の物質代謝が外界の温度によって影響を受けるので,低温になると種々の活動が不可能となり,冬眠または休眠するものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へんおん‐どうぶつ〔ヘンヲン‐〕【変温動物】

体温調節機能がなく、外界の温度に応じて体温が変化する動物。哺乳類鳥類を除くすべての動物が含まれる。冷血動物。→恒温動物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

変温動物【へんおんどうぶつ】

冷血動物とも。体温調節能力のない動物,すなわち爬虫(はちゅう)類以下のすべての動物をいう。その体温は環境温度や日射に左右され内部から体温を上げるしくみをもたないが,飛翔(ひしょう)昆虫などでは筋活動によるかなりの体温上昇も測られ,適温を求めての移動行動(走性)や日光浴などによる体温調節をするものもいる。
→関連項目体温

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

変温動物

 環境の温度によって体温が変化する動物で,体温の調節をしない.無脊椎動物と爬虫類以下の脊椎動物.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんおんどうぶつ【変温動物 poikilotherm】

定温動物の対語。体温が環境の温度とともに変化することからこの名がついた。無脊椎動物全部と,脊椎動物の魚類,両生類,爬虫類がこれにあたる。われわれが触れて冷たく感じるところから俗に冷血動物cold‐blooded animalともいわれるが,場合によっては体温がわれわれより高いこともあるので,冷血というのは正確な表現ではない。 変温動物は一般に,物質代謝による発熱量が少ないうえに,羽毛や毛といった熱を保持するような機構を備えていないので,体内で生じた熱はどんどん体外に出ていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へんおんどうぶつ【変温動物】

外界の温度変化によって体温が著しく変わる動物の総称。鳥類および哺乳類を除くすべての動物がこれにあたる。冷血動物。 ↔ 恒温こうおん動物

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変温動物
へんおんどうぶつ

外界の温度によって体温が変化する動物のことで、恒温動物に対する語。俗に冷血動物ともいう。哺乳(ほにゅう)類と鳥類を除いたすべての動物(無脊椎(むせきつい)動物・魚類・両生類・爬虫(はちゅう)類)がこれに属する。小形の水生動物の体温は水温にほぼ等しいが、大形の動物の体温は外温のままに変化してつねに外温と同じになるとは限らない。魚類は周囲の水温より数度高い体温をもつことが多く、カエルのように皮膚の湿っている動物は、安静状態での体温は蒸発熱を奪われるために気温よりやや低いといわれる。ミツバチは外気温が低いときに、集団となって熱の発散を防ぐとともに、筋肉運動によって発熱し外気よりも数度近く高い体温を維持している。また、トカゲ類は体温が下がると皮膚にある黒色素胞を拡散し、放射熱を吸収して体温を上げ、逆に体温が上がりすぎると呼吸数を増して放熱し、黒色素胞を凝集して吸熱を避けている。しかし、変温動物の体温調節は不完全であるから、外温がある程度以下になると調節の限界を超え、体内の物質代謝が低下して活動力を失う。季節的変化の著しい地方では、変温動物は寒期に冬眠したり、卵や幼虫の状態で越冬したりする。一般に変温動物にとっては気温の高い地方がすみやすい。[川島誠一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の変温動物の言及

【温度適応】より

…個体レベルの温度適応現象は温度の地理的な差あるいは季節的変動によってもおこりうるが(気候順化),異なった温度である期間飼育することによってもつくりだすことができる(温度順応)。
[変温動物の温度適応]
 変温動物では体温は外界の温度変化にともなって上下するので,代謝や活動性は外温の影響を直接に受けるが,その受け方は種によって異なり,それぞれの種は生息環境の温度と対応した固有の温度特性をもっている。たとえばグッピーなど熱帯魚の多くは水温25℃前後が最適で,15℃以下では生命を維持できない。…

【体温】より

…このような動物を定(恒)温動物という。鳥類,哺乳類以外の動物はすべて変温動物であって,体温は外温に従って変動する。 変温動物のうち,不活発な動物や,小型の水生動物の体温は外温とほぼ等しい。…

※「変温動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

変温動物の関連キーワード温血動物恒温動物定温動物輝度温度体温調節定温等温動物動物界変温性温度適応

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変温動物の関連情報