コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロールート アロールート Maranta arundinacea; arrowroot

3件 の用語解説(アロールートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロールート
アロールート
Maranta arundinacea; arrowroot

クズウコン科の多年草で,熱帯アメリカ原産。和名をクズウコンともいう。地下に多肉の根茎があり,多数の茎を生じて,2列に幅の広い葉をつける。葉の基部は鞘をつくって互いに抱き,カンナのような外形を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アロールート

 [Maranta arundinacea].英語のarrowrootはMaranta属の植物で特に[Maranta arundinacea]をいう.クズウコンともいい,ショウガ目クズウコン科クズウコン属の多年草で,根からデンプンをとる.日本のクズに相当するが日本のクズはクズカズラともいいマメ目マメ科クズ属の[Pueraria thunbergiana].根からデンプン(クズ粉)をとる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アロールート
あろーるーと
arrowroot
[学]Maranta arundinacea L.

クズウコン科の常緑多年草。和名はクズウコン(葛鬱金)で、ニシインドアロールートの名もある。葉は円みを帯びた細長い三角形で、長さ30センチメートルほど。長い葉柄があり、何枚もの葉が地面から束状に出る。花茎は2メートルほどに伸び、白い3弁の小花が開く。肥大した地下茎からは、粒子の細かい、良質のデンプンがとれる。消化がよいので病人食や幼児食に最適で、菓子や料理に使用される。原産地南アメリカの熱帯地域。西インド諸島を中心に、熱帯各地でデンプン採取用および現地人の食用に栽培されている。なお、カンナ科のクイーンズランドアロールート(ショクヨウカンナ)、ショウガ科のヒガシインドアロールート(ホソバウコン)など本種のほかにもアロールートとよばれる植物は数種あり、いずれも地下の根茎からデンプンをとる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアロールートの言及

【クズウコン】より

…熱帯アメリカ原産のカンナに似たクズウコン科の多年草(イラスト)。肥大した地下茎からアロールートデンプンとよぶ良質の食用デンプンが採れるため熱帯域で栽植される。 高さ60~180cm,地下に多肉質で円柱状倒卵形の地下茎を生じる。…

※「アロールート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アロールートの関連キーワードマランタMaranta euconeuraMaranta bicolor

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone