コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワガエリ

3件 の用語解説(アワガエリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アワガエリ

チモシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アワガエリ【rough timothy】

日当りのよい原野に生えるイネ科の一年草(イラスト)。茎は株を作って立ち上がり,高さは20~50cmで,やや硬い。葉は長さ10cm,幅5mmくらいの線形である。初夏のころ,花序を出す。花序は細い円柱形で,立ち,長さ3~10cm,直径7mmくらいで,初め淡緑色であるが熟して黄色を帯びる。小穂は多数で,非常に密生し,ややくさび形で,長さは2mm強である。地中海地方,旧ソ連邦南部,中国から日本へ広く分布し,日本では本州から九州に見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワガエリ
あわがえり / 粟還
[学]Phleum paniculatum Huds.

イネ科の一年草。全体に無毛で、稈(かん)は群がって直立し、高さ15~50センチメートル。5~6月に稈の先に円柱形の花序をつくり、密に小穂をつける。小穂は左右に扁平(へんぺい)、1小花をもち、包穎(ほうえい)は護穎(ごえい)より大きい。包穎は同形で内折し、背面の上端は突出する。和名は、穂の形がアワに似るのでアワから変わったものの意味。本州、四国、九州の平地の草原に生え、中国、シベリア、ヨーロッパ、地中海沿岸に広く分布する。高山植物のミヤマアワガエリP. alpinum L.や牧草のチモシー(オオアワガエリ)も同属である。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アワガエリの関連キーワード甘菜雄日芝小鮒草雀の帷子雀の稗鼠の尾春竜胆蓑米雌日芝脚細

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アワガエリの関連情報