コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングレーム アングレーム Angoulême

3件 の用語解説(アングレームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングレーム
アングレーム
Angoulême

フランス西部,シャラント県の県都。旧アングモア州の州都。シャラント川左岸の石灰岩丘陵上に位置する。アングレーム家旧居城の2つの塔,ロマネスク式の聖ピエール大聖堂などが有名。商業の中心地だが,製紙,フェルト,煉瓦,冷蔵庫の製造などさまざまな工業もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アングレーム【Angoulême】

フランス西部シャラント県の県都。人口4万6000(1990)。パリ南南西439kmに位置し,シャラント川に沿う。首都パリとボルドーを結ぶ道路・鉄道交通の要衝。都心部は人口増加が停滞しているが,郊外には金属・電機・製紙・金銀細工などの工業が立地し,人口が増えている。町の起源はローマ時代以前にさかのぼり,旧市街地には高さ59mの鐘楼をもつサン・ピエール大聖堂(12世紀初頭建立)がある。【高橋 伸夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アングレーム
あんぐれーむ
Angoulme

フランス西部、シャラント県の県都。人口4万3171(1999)。パリ南南西439キロメートルに位置し、シャラント川に臨む。旧アングモア州の州都。パリとボルドーを結ぶ主要交通路上にあるため、道路・鉄道交通の要衝で飛行場も完備している。都心部は人口増加が停滞しているが、郊外には金属、電気機械、製紙、金銀細工などの工業が立地し、人口増加が進んでいる。旧市街地のサン・ピエール大聖堂は12世紀初頭の建立、現在の建物は修復を経たものである。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アングレームの関連キーワードサントシャンベリナントポアティエポアトゥーレー島ポワトゥーシャラントピノーデシャラントオレロン[島]ラ・ロシェル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アングレームの関連情報