コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンゲルス・ジレジウス アンゲルス・ジレジウスAngelus Silesius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンゲルス・ジレジウス
Angelus Silesius

[生]1624.12. ブレスラウ
[没]1677.7.9. ブレスラウ
ドイツの宗教詩人,神秘主義者。本名 Johannes Scheffler。シュレジエンのルター派(→ルター派教会)の貴族の家に生まれる。オランダ,イタリアで学び,シュレジエンで宮廷付の侍医となった。ヤーコプ・ベーメやスペインの神秘主義者の影響を受け 1653年カトリックに改宗。その後著作に専念し,1661年司祭となった。ルター派とカトリックとの対立に異議を唱えた。詩集『ケルビンのごとき旅人』Der Cherubinischer Wandersmann(1675)は,ドイツのバロック文学のうち今日でも高く評価される数少ない作品の一つ。ほかに,神秘詩『聖なる魂の喜び』Heilige Seelenlust(1657)などがある。その詩はのちの敬虔派の詩人に影響を与え,賛美歌に採用されたものも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンゲルス・ジレジウスの関連キーワードドイツ神秘主義ドイツ文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android