コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンツィラナナ アンツィラナナAntsiranana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンツィラナナ
Antsiranana

旧称ディエゴシュアレス Diégo-Suarez。マダガスカル北端部の港湾都市アンツィラナナ州州都。 1500年にポルトガルの探検家に発見され,17世紀末の一時期,フランス人の海賊が共和国リベルタリアを建設したことがある。 1883~85年のメリナ族との戦いののち,フランスが港を占領。入江の奥にある良港で,1973年までフランス海軍の基地として発展してきた。乾ドックなど修理設備もある。周辺はバニラ,コーヒー,米,サイザルアサなどの産地で,その集散地でもある。鉄工業,石鹸,煉瓦などの工場が立地。 24km南にキツネザルで名高いアンブル自然保護区がある。首都アンタナナリボとは道路で結ばれ,国内空港もある。人口5万 4418 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アンツィラナナ(Antsiranana)

マダガスカル北部の都市。独立以前の旧称ディエゴスアレス。天然の良港をもち、古くからアラブ人の交易拠点が置かれ、フランス統治時代から同国独立までフランスの海軍基地があった。周辺では香水の原料となるイランイランのほか、コーヒー、カカオ、サトウキビを産する。アンチラナナ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アンツィラナナの関連キーワードアンカラナ特別保護区アンブル山国立公園フランス山アンブル岬

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンツィラナナの関連情報