アンドレ マルティネ(英語表記)André Martinet

20世紀西洋人名事典の解説

アンドレ マルティネ
André Martinet


1908.4.12 -
フランスの言語学者。
パリ大学教授,パリ大学言語学研究所所長。
サン・アルバン・デ・ビラール(サボア県)生まれ。
パリ大学で言語学を学び、1927年文学士。’37年ベルリン大学で博士号を取得。’38年からパリ高等学術研究院で音韻論の教鞭を取り、以後、コロンビア大学教授、パリ大学教授を歴任。同時に’57年からパリ高等学術研究院で構造言語学を講じ、パリ大学言語学研究所所長を兼任する。フランスの世界的言語学者メイエの弟子で、言語における機能という概念を重視。言語理論には言語の持つ「経済性」、言語におけるユニバーサルである「二重分節」理論などを挙げ、著書に「一般言語学要理」(’65年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android