コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドロニコス Andronikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロニコス
Andronikos

前1世紀頃のギリシア,ペリパトス学派の人。アリストテレスを除いて 10代目の学頭。彼はアリストテレスの著作を文献学的に整理し,多くに注釈を加え,後世の研究にとって大きな業績を残した。また特に論理学を重視し,これを哲学のオルガノンと考えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドロニコス
あんどろにこす
Andronkos ho Rhodios

生没年不詳。紀元前70年ごろのアリストテレス学者。ロードス島出身。アリストテレスの学園リケイオンの11代学頭。当時一般向けにアリストテレスの初期の作品が流布していたが、リケイオン時代のアリストテレスの講義草稿を分類して、現存の全集の形で編集公刊した。またこれに注釈を書いたが、アリストテレスの作品を整理して、後世に残したことに意義がある。しかし逆に初期の作品は伝存しないことになった。「形而上(けいじじょう)学」metaphysicaという名は、その編集のおりの、「自然学の後に置かれたもの」ta meta ta physikaということばに由来するものとみられている。[山本 巍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアンドロニコスの言及

【アリストテレス】より

…このリュケイオン校の学頭をつとめていた12年間は,研究・教育の両面で最も円熟した時期であったが,前323年アレクサンドロスがバビロンで急死すると,アテナイでは反マケドニアの機運が高まり,マケドニア側の人物と見られたアリストテレスは不敬神のかどで訴えられ,母の出身地のカルキスにのがれて翌年その地で病没した。
[著作]
 今日〈アリストテレス著作集〉として伝わるものは,前1世紀,それまで世に埋もれていた彼の講義用論文を,ロドス島出身の学者アンドロニコスAndronikosが,アリストテレス自身の学問の区別(理論的,実践的,製作的)に基づいて主題別に編集したものがもとになっている。彼の哲学を完結した体系として扱う後世の研究態度はここに由来する。…

【形而上学】より

…哲学の諸分野,諸原理の最高の統一に関する理論的自覚体系。語源的には,アリストテレスの講義草稿をローマで編集したアンドロニコスが,《自然に関する諸講義案(タ・フュシカ)》すなわち自然学の後に(メタ),全体の標題のない草案を置き,《自然学の後に置かれた諸講義案(タ・メタ・タ・フュシカ)》と呼び,これがメタフュシカmetaphysicaと称されたことに基づく。内容的には,第二哲学としての自然学に原理上先立つ存在者の一般的規定を扱う第一哲学,自然的存在者の運動の起動者としての神を扱う神学を含む。…

【ペリパトス学派】より

…プラトンが遊歩しながら講義した習慣に由来する名で,本来アカデメイア出身のアリストテレスらを指したが,以後はもっぱらアリストテレス創立のリュケイオン校の人々を総称する呼名となった。2代目学頭テオフラストス,3代目ストラトンのもとでとくに自然学研究が継承・推進され,しだいに創立者の教説から遠ざかって即物的傾向を強めていくが,前70年ころの学頭アンドロニコスAndronikos以来アリストテレス研究も復活する。【藤沢 令夫】。…

※「アンドロニコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンドロニコスの関連キーワードエゲの古代遺跡〈現在名ヴェルギナ〉形而上学(アリストテレスの著述)カリマコスとクリュソロエギリシア哲学史(年表)カハリエ・ジャーミートマス・マギステルヨハネス[6世]形而上学(哲学)ヨハネス(5世)ヘレニズム思想カラカル修道院クラティッポスコムネノス朝ボクシングメトキテス折衷主義第一哲学形而上学逍遙学派風見鶏

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android