コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンノボン島 アンノボンとうAnnobón

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンノボン島
アンノボンとう
Annobón

大西洋ギニア湾に浮かぶ赤道ギニア火山島パガル島 Pagaluともいう。赤道ギニアの大陸部分から南西約 560kmに位置する。中心集落はサンアントニオ。主産業は漁業と製材業。面積約 17km2。人口 5004(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンノボン‐とう〔‐タウ〕【アンノボン島】

Isla de Annobón》アフリカ西岸、ギニア湾東部の島。旧称パガル島。赤道ギニアに属する。主な町は北岸のサンアントニオ‐デ‐パレ。火山島であり、カルデラ湖をもつキオベオ山がある。首都マラボがあるビオコ島との間にサントメプリンシペサントメ島プリンシペ島がある。アノーボーン島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンノボン島
あんのぼんとう
Annobn

西アフリカ、ギニア湾にあるパガル島の旧称。赤道ギニア共和国領。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンノボン島の関連キーワードサンアントニオデパレアンボンクロザメガイモルッカ[諸島]ムルタトゥーリファン・ネックアンボイナ事件アンボイナガイ南マルク共和国モルッカ諸島アンボン島民アンボイナ島アンボン事件インドネシアセラム[島]アンボン島アンボイナマルク諸島デッケルアンボンマルク州

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android