コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンバルツミアン Ambartsumian, Viktor Amazaspovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンバルツミアン
Ambartsumian, Viktor Amazaspovich

[生]1908.9.18. ロシア帝国,トビリシ
[没]1996.8.12. アルメニア,エレバン近郊
ソビエト連邦の天文学者。父は文学の教師。レニングラード大学,次いでプルコボ天文台で天体物理学を修める。レニングラード大学教授(1941~43)を経てエレバン大学教授,1943年エレバン科学アカデミー会員,1947年アルメニア科学アカデミー会員,1953年ソビエト連邦科学アカデミー会員,1961~63年国際天文学連合総裁,1968年国際学術連合総裁。ほかにアルメニア・ソビエト評議会員(1947),ソビエト連邦最高会議代議員(1950)。スターリン賞 2度受賞。高温の星からの紫外線放射と周囲のガス体との相互作用の理論(1932),恒星の物理的性質を考慮した恒星系の統計分析(1934~36),比較的年齢の若い新型の恒星集団(Tアソシエーション)の発見と命名(1947),恒星大気の物理的性質が星間エネルギーの解放と結びついていること,電波星雲の発する電波が超高密度の恒星物質の原子内における相互作用に起因することを明らかにするなど,恒星,星雲の非定常過程の究明と,その起源と進化の理論を構築することに生涯を捧げた。ソ連における理論天体物理学の創始者とされ,教科書『理論天体物理』Theoretical Astrophysics(1958)は大きな名声を博した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンバルツミアンの関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣クリーマーロマン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android