コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボン[島] アンボン

2件 の用語解説(アンボン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンボン[島]【アンボン】

インドネシア東部,セラム島南西に接する島で,マルク州に属する。アンボイナ島とも。住民はパプア系とマレー系の混血したアンボン人が主で,オランダによる支配の確立(17世紀)後キリスト教徒になって植民地軍に多く加わったことで知られる。
→関連項目インドネシアモルッカ[諸島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンボン[島]【Pulau Ambon】

インドネシア東部,モルッカ諸島に属する島。アンボイナ島ともいう。面積816km2,人口約7万。火山性で最高点はサルフートゥー山(1340m)。住民はマレー系とパプア系の混血したアンボン族で,肌色は黒く,毛髪は縮れている。小島ではあるが古くからチョウジニクズクなどの香料産地として知られ,そのうえ戦略的要点にも当たる。このため1512年ポルトガル人が到着してから,ポルトガル,オランダ,イギリスなどの間で激しい争奪戦が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンボン[島]の関連キーワードインドネシア語インドネシア語派バンダ海マレー語モルッカ諸島印度尼西亜小巴旦マレーポリネシア語族チョウジガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone