アーシャー(英語表記)al-A`shā, Maymūn ibn Qays

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーシャー
al-A`shā, Maymūn ibn Qays

古代アラビアの詩人。6世紀後半から 620年代まで在世。現在のサウジアラビアリヤードの南にあるマンフーハ・オアシスにあるドゥルナーで生れ,そこで死んだ。ヒーララフム朝に身を寄せ,愛や酒をたたえた詩をつくり,頌詩にも秀でていた。当時,彼と同名の詩人が少くとも 17人ほどいたが,彼が最も有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アーシャー

愛知県豊橋市、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で飼育されているアジアゾウのメス。1984年、インドから恩賜上野動物園に来園。2009年、繁殖のため同園に移送。2012年9月、推定34歳で出産。同年、日本動物愛護協会創設の日本動物大賞「功労動物賞」を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーシャー
あーしゃー
al-'A'sh
(?―629ころ)

古代アラブの詩人。アーシャーとは「視力の弱い人」の意のあだ名。イスラム以前、十大詩人の一人に数えられ、その長詩はアラビア最古の詩選集『ムアッラカート』(8世紀)に収められている。預言者に敵対するクライシュ人は、アーシャーが預言者をたたえる詩を公にすれば、その魔力により、全アラブが反クライシュ勢力となることを恐れ、彼の預言者訪問を妨げたという。[内記良一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android