コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールトー

百科事典マイペディアの解説

アールトー

フィンランドの建築家。クオルタネ生れ。幾何学的な構成理念とは対照的に,個々のフォルムを自由に構成し,建築物を囲む環境との調和・融合を重視。家具設計にもすぐれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アールトー【Hugo Henrik Alvar Aalto】

1898‐1976
フィンランドの建築家。クオルタネKuortaneに生まれ,ヘルシンキ工科大学卒業。1923年からユバスキュラで仕事をはじめ,27年トゥルクに移り,この時代に競技設計に入賞したパイミオの結核療養所(1933)が出世作となる。当時設計のトゥルン・サノマット新聞社(1933),ビープリ市立図書館(1935)は〈白の時代〉といわれる時期の代表作。このほか,ニューヨーク万国博フィンランド館,マイレア荘(ともに1939)などにより,機能主義重視の冷たい国際様式とひと味違う,木を巧みに使い,扉のハンドルにまで気を配り,北欧の風土に根ざした近代建築を提示し名声を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアールトーの言及

【フィンランド】より

… フィンランド建築において国民的ロマン主義を代表するサーリネン(父)は洗練されたヘルシンキ駅(1914)を建てたが,1923年にアメリカへ渡り学校建築などに手腕を発揮した。機能主義に拠りながら,北欧の風土に根ざした造形を探求しつづけた建築家アールトーは,都市計画,地域計画,室内装飾と工芸にも影響を及ぼした。白大理石のフィンランディア・ホール(1971)は彼の優美な記念碑で,またヘルシンキ郊外のタピオラは田園都市計画の見本とされている。…

※「アールトー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アールトーの関連キーワードRTOL3月8日

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android