コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールト アールトAalto, Alvar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールト
Aalto, Alvar

[生]1898.2.3. クオルタネ
[没]1976.5.11. ヘルシンキ
フィンランドの建築家。フルネーム Hugo Alvar Henrik Aalto。家具デザインや,都市計画も手がけた。 1921年ヘルシンキの建築技術学校卒業,1923年よりユベスキュレで設計業を始める。 1927~28年トゥルクの新聞社を建てたのち,パイミオのサナトリウム (1928~33) の競技設計に入選して国際的名声を確立,ビープリの図書館 (1935) ,ニューヨーク国際博覧会フィンランド館 (1939) ,ビラ・マイレア (1939) ,MIT学生寮 (1947~48) ,セイナッツァロの役場 (1950~52) ,ヘルシンキのラウタロ・ビル (1952~54) ,国立年金協会 (1952~56) ,文化の家 (1955~58) ,ボクセニスカの聖堂 (1956~58) ,ヘルシンキのフィンランディア・ハウス (1967~71) など多数の優れた作品を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アールト【Alvar Aalto】

1898~1976) フィンランドの建築家。風土的な形態と曲面を駆使した空間構成による独特の作風で知られる。代表作にパイミオのサナトリウム・ヘルシンキ文化会館・オタニエミ工科大学講堂などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールト
あーると
Alvar Aalto
(1898―1976)

フィンランドの建築家。ヘルシンキ工科大学建築科を卒業。30歳の若さで競技設計に1位をとったパイミオのサナトリウム(1929~1933)は、機能主義のみごとな成果として国際的に注目された。その後は、いわゆる国際様式から離れ、自国の風土や伝統との対峙(たいじ)のなかから建築言語を語り出している。マレイア荘(1938~1939)におけるフィンランド特産の木材の巧みな使用や、ニューヨーク万国博覧会フィンランド館(1938)の有機的な壁面、セイナッツァロ役場(1953)の煉瓦(れんが)の強い色彩などがこの系譜に所属する。しかし、いうまでもなく、アールトがその後巨匠として近代建築を大きく推進させたのは、狭義の地方主義とは無縁の普遍性をもった天分によっている。また、家具工芸の領域でも、新生面を開いた。[高見堅志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アールトの関連キーワードスターリング(James Stirling)ホール(Steven Holl)ヨルン ウッツォンベルリン国際建築展静岡県立美術館アルタイ諸言語チェブラーシカラムステットユベスキュレフィンランドロバニエミウッツォンRTOL3月8日北欧美術安藤忠雄ビボルグ二川幸夫2月3日入江経一

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アールトの関連情報