コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールト アールト Aalto, Alvar

3件 の用語解説(アールトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールト
アールト
Aalto, Alvar

[生]1898.2.3. クオルタネ
[没]1976.5.11. ヘルシンキ
フィンランドの建築家。フルネーム Hugo Alvar Henrik Aalto。家具デザインや,都市計画も手がけた。 1921年ヘルシンキの建築技術学校卒業,1923年よりユベスキュレで設計業を始める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アールト【Alvar Aalto】

1898~1976) フィンランドの建築家。風土的な形態と曲面を駆使した空間構成による独特の作風で知られる。代表作にパイミオのサナトリウム・ヘルシンキ文化会館・オタニエミ工科大学講堂などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールト
あーると
Alvar Aalto
(1898―1976)

フィンランドの建築家。ヘルシンキ工科大学建築科を卒業。30歳の若さで競技設計に1位をとったパイミオのサナトリウム(1929~1933)は、機能主義のみごとな成果として国際的に注目された。その後は、いわゆる国際様式から離れ、自国の風土や伝統との対峙(たいじ)のなかから建築言語を語り出している。マレイア荘(1938~1939)におけるフィンランド特産の木材の巧みな使用や、ニューヨーク万国博覧会フィンランド館(1938)の有機的な壁面、セイナッツァロ役場(1953)の煉瓦(れんが)の強い色彩などがこの系譜に所属する。しかし、いうまでもなく、アールトがその後巨匠として近代建築を大きく推進させたのは、狭義の地方主義とは無縁の普遍性をもった天分によっている。また、家具工芸の領域でも、新生面を開いた。[高見堅志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アールトの関連キーワードオルタナティブオルタネーターオルタネートオルターナティブオルターネーターオルタナオルタネートキーオルタネートスイッチオルタンアルクオルソサイト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アールトの関連情報