コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェリバレ

百科事典マイペディアの解説

イェリバレ

スウェーデン北部の鉱山都市。1888年以降採掘が行われている鉄鉱産地で,大部分がルーレオナルビクから輸出される。1万9000人(2004)。
→関連項目スウェーデン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イェリバレ【Gällivare】

スウェーデン北東部,ノルボッテン県北極圏(北緯67゜09′)にある鉄鉱石の町。人口1万1116(1978)。鉱床は約7km×2kmで埋蔵量は4億tとされ,片麻岩などに層状・レンズ状に挟まれた磁鉄鉱。品位は鉄分60~70%,リン分0.03~0.8%。1704年に早くも開発されたが35年廃止,トーマス精錬法が発明されてから1892年鉄道をボスニア湾岸のルーレオへ通して93年再開,1902年キルナを経てノルウェーの不凍港ナルビクへ鉄道を敷いて年中輸出できるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イェリバレ
いぇりばれ
Gllivare

スウェーデン北部、ノールランド地方の鉱山都市。人口1万9680(2001)。近接のマルムベリエットとあわせて埋蔵量4億トンの鉄鉱山があり、地下鉱より採掘される。ノルウェーの不凍港ナルビクおよびボスニア湾に面するルーレオと鉄道で結ばれ、両市から鉄鉱石を積み出す。また、鉄鋼業、機械工業、ビール醸造業がある。古くより教会集落として知られたが、19世紀後半に鉄鉱石の発掘が開始され、急速な発展を遂げた。ラップ教会、ラップ民俗博物館、鉱山博物館がある。登山観光の基点として、西部山岳地帯にバスが連絡している。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イェリバレの関連キーワードエリバレ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android