コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェンバイ蜂起 イェンバイほうき

世界大百科事典 第2版の解説

イェンバイほうき【イェンバイ蜂起】

ベトナム国民党(1927設立)が1930年2月北部ベトナム各地で起こした武装蜂起。2月9日夜半にイェンバイYen Baiの兵営で党員兵士が決起したのを皮切りに,10日夜には外部からのフンホア兵営への攻撃,ハノイでの投弾活動,15日にはハイズオン,タイビン両省での義勇軍の蜂起が行われたが,散発的なままに終わり,仏領インドシナ当局により速やかに鎮圧された。党首グエン・タイ・ホクは同志12人と共にイェンバイ臨時法廷で判決を受け,6月に処刑された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イェンバイ蜂起
いぇんばいほうき

フランスの植民地であった1930年2月、ベトナム国民党が北部ベトナム各地で起こした武装蜂起。1927年にハノイの青年知識人を中心として設立された国民党は、反仏武装闘争を主張し、ベトナム人兵士などの間に党勢を拡大した。しかし、1929年2月のバザン暗殺事件後、組織が次々に摘発され始めると、準備不足のまま、翌1930年2月に蜂起した。まず9日夜半に、紅河(ソン・コイ川)中流域のイェンバイYn Biの兵営を、兵士の内応を得て占領した。10日には別動隊がフンホア兵営を攻撃したが、兵士の呼応を得られず転進し、結局ラムタオ府庁を占領した。同日ハノイでも投弾活動があった。党首グエン・タイ・ホクは15日ハイズォン省で蜂起し、県庁を占領した。同日タイビン省でも蜂起があった。しかし、各地での行動は連携を欠き、フランス側によって即座に鎮圧された。ホクは捕らえられ、同志12名とともにイェンバイ臨時法廷で死刑の判決を受けた。残党は中国に亡命し、中国軍閥の庇護(ひご)下に入った。
 しかし、蜂起自体はベトナム民族運動史の新たな段階の開幕を告げるものとして、高く評価されている。[白石昌也]
『谷川栄彦著『東南アジア民族解放運動史』(1969・勁草書房) ▽桜井由躬雄・石沢良昭著『東南アジア現代史』(1977・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イェンバイ蜂起の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android