コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオカステ イオカステ Iokaste

4件 の用語解説(イオカステの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオカステ
イオカステ
Iokaste

ギリシア神話の英雄オイディプスの母。メノイケウスの娘で,テーベライオスの妃となりオイディプスを生んだが,息子に殺されるという神託を恐れたライオスは,この子を生後すぐにかかとをピンで貫き,キタイロンの山中に捨てさせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イオカステ

ギリシア伝説のテーバイ王ライオスの妃,オイディプスの母にして妻。その悲劇的な生涯はソフォクレスオイディプス王》などで有名。
→関連項目クレオン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

イオカステ【Iokastē】

ギリシャ神話中の人物。テーベ王ライオスの妃。自分の子と知らずにオイディプスの妻となり、アンティゴネらを生んだが事実を知り自害。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオカステ
いおかすて
okast

ギリシア神話においてテバイ(テーベ)王ライオスの妻。ライオスの死後、テバイの支配者となったクレオンの姉妹。初めライオスの妻となり、オイディプスを生んだが、のちにそれと知らずわが子オイディプスの妻となり、息子との間にエテオクレスポリネイケスアンティゴネイスメネをもうけた。その近親相姦(そうかん)の事実を知ったとき、イオカステは首をくくって死んだ。なお彼女の名は、ホメロスの叙事詩ではエピカステとなっている。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイオカステの言及

【アンティゴネ】より

…ギリシア伝説で,テーバイ王オイディプスとその母イオカステIokastēとの娘。オイディプスがみずから盲目となって国を出たとき,彼女は父の手を引いて放浪の旅につき従い,彼がアテナイ近郊のコロノスで世を去るまで,孝養をつくした。…

【オイディプス】より

…慣用的呼称ではエディプス。テーバイ王ライオスLaiosとイオカステIokastēの子。もし男子をもうければその子は父殺しになろうとの神託をうけていたライオスは,妃が男児を産んだとき,そのかかと(踵)をピンでさし貫いて山中に捨てさせたが,赤児は牧人に拾われ,コリントス王の子オイディプスとして育てられた。…

【オイディプス王】より

…そして今また第2のなぞ解きに挑戦したのである。その結果,殺害犯人とはほかならぬ彼自身であること,いな,それどころか,先王ライオスとは彼の父であり,妻イオカステが母であることを発見する。それは,かつてライオスに,そしてまた彼自身にも告げられたアポロンの予言がすでに成就していたということを意味した。…

※「イオカステ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イオカステの関連キーワードオイディプス王ギリシア悲劇ディアナボレアスライオスギリシャ神話エディプスエディプスコンプレックスオイディプスの刃《ギリシア神話》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone