コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカナゴ(鮊子) イカナゴ sand lance

翻訳|sand lance

1件 の用語解説(イカナゴ(鮊子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イカナゴ【イカナゴ(鮊子) sand lance】

スズキ目イカナゴ科の海産魚(イラスト)。北海道から九州までの沿岸に分布する。多くの地方で小型のものをコウナゴと呼ぶほか,兵庫県ではカマスゴ,仙台でメロオド,九州北部・山口県でカナギなど地方名も多い。体はたいへん細長く,円筒形で腹びれがなく,体側に斜め後方へ走る多数の皮褶がある。背部は青みがかっているが,体側と腹部は銀白色。移動性が小さく,形態の異なったいくつかの地方群がある。昼は遊泳生活をするが,夜間は沿岸の砂底で底生生活をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イカナゴ(鮊子)の関連キーワードシロギスブリマアナゴマダイアオギス玉筋魚イトヨリオオニベキグチソコイトヨリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone