イカナゴ(鮊子)(読み)イカナゴ(英語表記)sand lance

翻訳|sand lance

世界大百科事典 第2版の解説

イカナゴ【イカナゴ(鮊子) sand lance】

スズキ目イカナゴ科の海産魚(イラスト)。北海道から九州までの沿岸に分布する。多くの地方で小型のものをコウナゴと呼ぶほか,兵庫県ではカマスゴ,仙台でメロオド,九州北部・山口県でカナギなど地方名も多い。体はたいへん細長く,円筒形腹びれがなく,体側に斜め後方へ走る多数の皮褶がある。背部は青みがかっているが,体側と腹部は銀白色。移動性が小さく,形態の異なったいくつかの地方群がある。昼は遊泳生活をするが,夜間は沿岸の砂底で底生生活をする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android