コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカナゴ Ammodytes personatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカナゴ
Ammodytes personatus

スズキ目イカナゴ科の海水魚。全長約 25cm。全身青みを帯びた銀白色で,体は強く側扁する。背鰭,尻鰭とも長いが,腹鰭はない。近海魚で,湾の入口の砂礫底にすむ。幼魚は砂にもぐり生活する。夏眠することも知られている。食用。日本全土,アラスカシベリアカリフォルニアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イカナゴ

スズキの仲間。兵庫県近辺では12月~1月に明石市沖合にある「鹿ノ瀬」などの砂地で産卵する。孵化(ふか)すると海流に乗って播磨灘から大阪湾にかけて広がる。稚魚は関西では「新子」、関東では「コウナゴ」などと呼ばれ、2月末~4月に船曳網(ふなびきあみ)でとる。冷たい水を好むため、夏は砂に潜って「夏眠」をする。瀬戸内海のほか北海道や東北、伊勢湾などでもとれる。

(2015-03-02 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

イカナゴ

イカナゴ科の魚。多くの地方で小型のものをコウナゴと呼ぶほか,地方名メロオド,カマスゴなど。全長25cmに達する。体は細長く,腹びれがない。日本各地沿岸に分布。5cm以下の幼魚は,4月ころ淡路島沿岸などで多量にとれ,煮干や佃煮(つくだに)にされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

イカナゴ

 [Ammodytes personatus].スズキ目イカナゴ科の海産魚.体長25cmになる.コウナゴともよばれ,幼魚も成魚も食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカナゴ
いかなご / 玉筋魚
sand eelsand lance
[学]Ammodytes personatus

硬骨魚綱スズキ目イカナゴ科に属する海水魚。名は「糸のように細長い小魚」という古語に由来する。カマスゴ、オオナゴ、コウナゴなどともいう。沖縄を除く日本各地、朝鮮半島や東シナ海などの内湾や浅海に広く分布する。体は細長く、円筒形で、頭はとがる。側線は背びれに沿って背側を走り尾柄(びへい)で終わる。鱗(うろこ)は微細で円鱗(えんりん)。腹面近くの体側に、後下方へ向かう多数の皮膚のひだがあるのが特徴である。背びれや臀(しり)びれは基底が長く、すべて軟条で支えられている。腹びれはない。大きさは北海道地方では全長25センチメートルになるが、その他の地方では15センチメートル内外。底層が砂質や砂礫(されき)質の水域にすむ。
 産卵期は北海道では3~5月、その他では12月から翌年1月である。産卵盛期の水温は15℃前後であるが、九州ではこれよりも2℃高く、青森県や北海道では10℃以下である。産卵開始期は、同じ海域でも年によって1か月ぐらい変化があり、水温が早く低下する年は早い。産卵は水深20~30メートルの砂地でなされる。成熟卵は黄色く直径0.7ミリメートル前後で、産み出されるとただちに他物に粘着する。1尾の抱卵数は2000~数千粒で、受精後10日余りで孵化(ふか)する。卵黄がなくなるとおもにコペポーダを食べ、全長3.5センチメートルぐらいに成長するまで浮遊生活をする。このころは光に集まる習性があるので、それをねらって夜間の漁業が行われる。しかし、その後は昼間は浮遊生活、夜間は砂の中に潜る。5月ごろまでに餌(えさ)を十分にとって8センチメートルぐらいに成長し、脂肪を体内に蓄え、水温が19℃以上になると、砂の中に4センチメートルぐらい潜って夏眠する。夏眠は水温が18℃以下になる秋まで続き、この間はほとんど餌をとらない。その後は、昼は浮遊生活、夜は底生生活をする。生後1年で9センチメートルぐらいになり、成熟して産卵する。体長は普通2年で12センチメートル前後、3年で15センチメートルぐらいになる。一生プランクトンを主食し、なかでも浮遊性の小甲殻類を好むが、ほかに小魚、ヤムシ、オキアミ、ときには珪藻(けいそう)類なども食べる。産卵期間中は1年魚は多少とも餌をとるが、2~3年魚はほとんど食べない。
 漁獲量は約10万トンで、北海道宗谷(そうや)地方、宮城県沖、瀬戸内海などに多い。魚群は内湾で渦流(かりゅう)や環流のある所や潮流の早い場所に集まり、水温13~17℃で漁獲率が高い。成魚は12月から翌年6月まで産卵場付近でパッチ網、船引網、底引網、敷網などによって漁獲され、幼魚は2~6月の間、こまし網で漁獲される。肉の脂肪分が多く、7センチメートル以上では20~30%もある。煮干し、佃煮(つくだに)、生食、てんぷらのほか、大型のものは燻製(くんせい)にする。瀬戸内海沿岸部では、幼魚を佃煮にした「くぎ煮」が有名。また養殖魚の飼料にもする。
 本種は、体の側面に沿って尾びれ基底近くまで走る皮褶(ひしゅう)(皮膚のしわ)があるという特徴でキタイカナゴAmmodytes hexapterusによく似ているが、背びれ軟条が少なくて54~59本であること、側線の後端は背びれ基底後端より後方まで伸びることなどで区別できる。キタイカナゴは北海道のオホーツク海からカリフォルニア南部までの太平洋沿岸域、ピョートル大帝湾などに分布する。日本には、そのほかにタイワンイカナゴBleekeria mituskuriiとミナミイカナゴAmmodytoides kimuraiが分布する。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イカナゴの関連キーワード玉筋魚醤油・玉筋魚醬油イカナゴ(鮊子)鯛島海域公園地区稚内のイカナゴしらす(白子)おおなご魚醤キタイカナゴシワイカナゴしらす干し津名[町]サツキマス台湾玉筋魚鳥持ち網代玉筋魚醤油コオナゴクサウオ縮緬雑魚以加奈古北玉筋魚スナメリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イカナゴの関連情報