コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス帝国会議 イギリスていこくかいぎ Imperial Conference

2件 の用語解説(イギリス帝国会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリス帝国会議
イギリスていこくかいぎ
Imperial Conference

イギリス本国と自治領諸国の首相,閣僚などで構成する会議。 1887年ロンドンで第1回会議を開いた植民地会議 Colonial Conferenceは,1907年の会議でイギリス帝国会議 (大英帝国会議) と改称され,11年にその第1回の会議が開かれた

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス帝国会議
いぎりすていこくかいぎ
Imperial Conference

イギリス本国と自治領との結束維持のための会議。1880年代に西欧列強国は競って植民地争奪戦に乗り出したが、すでに世界各地に植民地を領有していたイギリスは、ソールズベリー首相の提唱により、植民地との紐帯(ちゅうたい)強化のため、1887年から定期的に植民地会議を開催した。議題は帝国の防衛、通信手段の開発、特恵関税設定などであった。1907年以後、この会議はイギリス帝国会議と称され、1947年にイギリス連邦会議と再度改称されるまで続いた。1926年の会議で、帝国内の自治領諸国の地位は本国と平等とされ、1931年のウェストミンスター憲章に規定された。また、1932年の会議で帝国内特恵関税制度が創設され、世界経済のブロック化を促す要因となった。同会議の決定は自治領諸国を拘束するものではないが、帝国内の利害調整機関としては重要な役割を果たした。[石井摩耶子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イギリス帝国会議の関連キーワードアメリカ独立革命インド省インド帝国ウェストミンスター憲章自治領イギリスオランダ戦争オタワ協定イギリス巻ウエストミンスター憲章イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone