コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国会議 ていこくかいぎImperial Conference

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくかいぎ【帝国会議 Imperial Conference】

大英帝国内の本国および自治領などの代表が数年ごとに集まって開かれた会議。19世紀末帝国主義の進展に伴い,イギリスでは帝国内の経済的・軍事的結束の強化が課題とされた。1887年ビクトリア女王即位50年祝典に植民地代表がロンドンに参集したおり,本国政府が開催した第1回植民地会議がその前身である。自由討議による相互理解を目的に,決議は法的拘束力をもたないという原則がここで確立。第2回以降(1897,1902,07)は直轄植民地や保護領は除かれ,自治領のみで構成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国会議
ていこくかいぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

帝国会議の関連キーワードヘルツォーク(James Barry Munnik Hertzog)ルートウィヒ(4世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)J.B.M. ヘルツォークウェストミンスター憲章シュマルカルデン同盟ハインリヒ(獅子公)オセアニア史(年表)カール(4世)ニュルンベルク神聖ローマ帝国イギリス帝国コスグレーブイギリス連邦自由都市カナダ史ゴスラー金印勅書ミーエン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android