コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクシオン Ixiōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクシオン
Ixiōn

ギリシア神話の人物。テッサリアのラピタイ人の王。デイオネウス王の娘ディアと結婚したあと,妻の父をだまし討ちにして殺し,最初の親族殺害の大罪を犯した。そのうえこの罪をゼウス自身の手で清めてもらい,人間の身で神々の食卓に連なる特権まで許されると,彼は今度はヘラに恋し,ゼウスの妃に凌辱を加えようとした。このときゼウスがイクシオンの目を欺くため,雲でつくった女神とそっくりの幻影と彼が交合してもうけたのが,半人半馬の怪物ケンタウロスたちの祖先であるという。この罪を罰するため,ゼウスは彼を絶えず回転する火の車輪に縛りつけ,地下のタルタロスで永遠に続く責め苦にあわせることにしたとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イクシオン

ギリシア伝説の最初の尊属殺人者。義父を殺したがゼウスに清められる。女神ヘラを犯そうとして雲と交わり,ケンタウロスが生まれた。この不敬の罰として,永久に回転する燃える車輪に縛られるという苦役に服した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イクシオン
いくしおん
Ixn

ギリシア神話に登場するラピテス人の王。彼はディオネウス王の娘ディアに求婚したとき、王に多大な贈り物をするという約束をして結婚を許された。しかし、彼は約束を守らないばかりか、偽ってディオネウス王を竈(かまど)に突き落として焼き殺した。人々は親族殺しという重罪を犯した彼を避け、またその罪を清めてやろうという者も1人もいなかった。これをみて哀れに思ったゼウスは、その罪を清めてやったうえに、彼を天上の食事に招いてネクタル(飲物)とアンブロシア(食物)を味わわせ、不死とした。ところがイクシオンはゼウスの恩を忘れ、その妻であるヘラ女神に思いを寄せ、誘惑を試みた。彼を懲らしめるためにゼウスが雲でヘラ女神の似姿をつくると、イクシオンはこれと交わり、「思いを遂げた」と誇ったため、ついに怒ったゼウスにより冥界(めいかい)のタルタロスへ落とされた。燃える火の車に縛り付けられたイクシオンは、不死身のため、永劫(えいごう)の責め苦を受けなければならなかった。なお、イクシオンが雲と交わったために生まれたのが半人半馬族のケンタウロス(ケンタウロイ)だとされている。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイクシオンの言及

【雲】より

…この〈雲楯〉をゼウスは,彼より前に世界を支配していた神々のティタンたちと戦ったときに,自分がその乳で養われた牝山羊アマルテイアの皮を剝いで造ったといわれる。ゼウスはまたあるとき,彼の妃のヘラに,ゼウスによって天上に住むことを許されていた英雄のイクシオンが恋慕し,人間の身で非道にも神々の女王を犯そうとすると,雲でヘラとそっくりの姿を造り,イクシオンにこの雲ネフェレNephelēを抱かせた。そして妊娠したネフェレから生まれたのが,上半身が人間で下半身が馬の好色で乱暴な怪物ケンタウロスたちであるという。…

【ラピタイ】より

…単数形はラピテスLapithēs。彼らの王イクシオンIxiōnの子ペイリトオスPeirithoosがヒッポダメイアHippodameiaと結婚したおり,彼はその祝宴にみずからの異母兄弟にあたるペリオン山の半人半馬のケンタウロス族を招いた。ところが酩酊したケンタウロスどもが花嫁やラピタイ族の女を略奪しようとしたので,ここに大乱闘が生じたが,ラピタイ族は,やはりこの宴席に招かれていたペイリトオスの親友,アテナイ王子テセウスの加勢もあって,激戦の末,ケンタウロス族を撃退したという。…

※「イクシオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イクシオンの関連キーワードカリドンの猪狩りギリシア神話ラピタイ族

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android