コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクシュバーク朝 イクシュバークちょうIkṣuvāku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクシュバーク朝
イクシュバークちょう
Ikṣuvāku

古代南インドの王朝。3世紀初めサータバーハナ朝衰退に乗じて,今日のアンドラプラデーシュ州のクリシュナー川下流域に興り,ナーガールジュナコンダ近郊に都して,この地方の開拓を進めた。ガンジス流域の高度の文化を移植したが,4世紀初めパッラバ朝によって倒された。ナーガールジュナコンダ遺跡は,この王朝の繁栄した様子を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イクシュバークちょう【イクシュバーク朝 Ikṣvāku】

古代南インドの王朝。3世紀前半,サータバーハナ朝の滅亡のとき,バーシシュティープトラ・チャーンタムーラがクリシュナ川下流南岸で興し,4代約100年間,この川の流域地帯を支配した。王朝はこの地方の出身と思われるが,マヌの息子でガンガー(ガンジス)川中流域アヨーディヤーのイクシュバークという伝説上の王の名をとって,支配の正当性を主張し,ベーダ儀式をおこない,カールッティケーヤ(スカンダ)などヒンドゥー神を信奉して,バラモンの宗教と文化の移植に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイクシュバーク朝の言及

【ナーガールジュナコンダ】より

…ダム建設により水没することになり,1954‐60年に大規模な発掘が行われ,重要な遺構はナーガールジュナサーガルNāgārjunasāgar湖に浮かぶことになった島に移された。当地には旧石器文化,細石器文化,新石器文化,巨石文化の遺跡もあるが,より重要なのは3世紀中期から約1世紀間栄えたイクシュバーク朝の首都ビジャヤプリーVijayapurīの都城と,この王朝の庇護によって造営された多数の仏教寺院とである。出土品の多くは,島にある考古博物館に収められていて,仏教説話図,ミトゥナ像,ヤクシャ像などの石灰石を用いた彫刻が中心である。…

※「イクシュバーク朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イクシュバーク朝の関連キーワードインド国立博物館インド美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android