イコノスタシス(英語表記)ikonostasis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イコノスタシス」の解説

イコノスタシス
ikonostasis

ビザンチン聖堂建築において,祭壇部と一般信者席とを分ける壁で,14~15世紀以来一つないし三つのがつけられ,5ないし7段の木製イコンで飾られたためにこの名がある。中央にデエシスが描かれ,その上には教会祝祭や預言者たち,その下にはキリスト半身像やマリア聖人やその聖堂が寄進されたことを祝うイコンが掛けられる。現在でもギリシア正教などビザンチンの流れを引くキリスト教の聖堂に設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「イコノスタシス」の解説

イコノスタシス【ikonostasis】

東方正教会の聖堂内において,東端の至聖所と会衆席(聖所)とを分ける一種の仕切りで,ここにイコンを掛ける。イコノスタシオンikonostasionともいう。ギリシア語で〈イコンを掲げる衝立〉の。ロシア語ではイコノスタースikonostas。〈聖障〉〈聖柵〉と訳される。建物の本体とは別に,格子組みの木枠に板を張って作った大型のパネル状のものが普通で,幅は堂内の左右側壁に接し,高さは天井近くにまで達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイコノスタシスの言及

【祭壇】より

…祭壇の置かれる至聖所を囲み,俗人の立入りを禁止するために,障壁(障柵)が祭壇の周囲に設けられることがある。東方教会では,これがイコノスタシスとして発達し,そこに数々のイコンが飾られた。 祭壇は祭壇布で覆われ,その上を飾る祭具には,祭壇十字架,祭壇燭台,聖櫃(せいひつ)(タバナクルtabernacle(英語))がある。…

※「イコノスタシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android