コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラエルス イスラエルス Israëls, Jozef

2件 の用語解説(イスラエルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラエルス
イスラエルス
Israëls, Jozef

[生]1824.1.27. フローニンゲン
[没]1911.8.12. ハーグ
オランダの画家,版画家。アムステルダムで学んだのち,1845~47年パリで学ぶ。漁師や職人の家族をロマン派的情調で描き,従来風景画が主体であったアムステルダム画派に新生面を開く。晩年は逸話的,ロマン派的傾向から次第に遠ざかり,人間的存在の不安を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラエルス
いすらえるす
Josef Israels
(1824―1911)

オランダの画家。フローニンゲンでユダヤ人の家系に生まれる。アムステルダムで修業し、1845年からパリ美術学校に学んだ。47年アムステルダムに帰り、50年デュッセルドルフ、62年ロンドンに旅行し、71年以後ハーグに住む。初めロマン主義から出発し、歴史、宗教、風俗を題材とするが、のち北海の漁夫や農民の生活を描く。オランダの伝統絵画を継承する画風、自然光を画面に導入する近代的技法、貧困、老残の人々への愛情を込めた主題の選択に特色がある。80年パリでマネに会う。1911年8月12日ハーグで死去。『老年になると』(1878・ハーグ美術館)が代表作である。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスラエルスの関連キーワードフローニンゲンホイジンガクローニングブローニングIPRAグローニンゲンフロッシュ モーニングフレッシュフロスト・チャーニングフローニンゲン・ガス田フローニンゲン大学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスラエルスの関連情報