イスラマーバード(英語表記)Islamābād

翻訳|Islamabad

世界大百科事典 第2版の解説

イスラマーバード【Islamābād】

パキスタンの首都。人口36万(1983)。パキスタンは1947年の独立に際しカラチを仮首都としたが,58年にパンジャーブ州北西部のラーワルピンディー市北東方に新首都を計画都市として建設することにした。新しい首都はパキスタンイスラム共和国という国名にふさわしいイスラマーバード(〈イスラムの都市〉の意)と命名された。その建設用地は,北方にパンジャーブ・ヒマラヤ山脈を遠望し,なだらかに起伏する高原上に選定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイスラマーバードの言及

【チッタゴン】より

…メグナ河口にも近く,後背丘陵地帯だけでなく,ベンガルやアッサム地方の外港として古くから栄えてきた。現在の地名は,10世紀にここに建てられた戦勝碑の碑文〈ティツェゴンTsit Tse Gong〉に由来するが,ムガル帝国時代にはイスラマーバードIslamābādとよばれた。イギリス領時代にはカルカッタの勃興により発展が抑えられたが,1947年のインドとパキスタンの分離独立以後,港湾施設の拡充が進み,また工業開発の拠点として発展した。…

※「イスラマーバード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android