コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチムシ イタチムシ Chaetonotus nodicaudus

3件 の用語解説(イタチムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタチムシ
イタチムシ
Chaetonotus nodicaudus

袋形動物門腹毛綱イタチムシイタチムシ科。体は円筒形状で,体長 0.3mm,体幅 0.04mm。体背面は魚の鱗のような鱗板で一面におおわれるが,おのおのの鱗板には1本の刺毛が生えているために,体全体からとげが出ているようにみえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イタチムシ

腹毛動物門の動物の総称,またはその1種。イタチムシは体長0.3mmで,体表は小さな鱗板でおおわれ,各鱗板には1本の棘毛(きょくもう)をもつ。沼や池にすみ,体の後端にある2本の長い突起でとびはねることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタチムシ
いたちむし / 鼬虫

袋形(たいけい)動物門腹毛虫綱イタチムシ目に属する水生微小動物の総称、またはそのなかの1種。哺乳(ほにゅう)類のイタチに似ているのでこの名がある。イタチムシ類は、体長0.3~0.5ミリメートル。体の表面がクチクラで覆われ、背面にはその変形である鱗片(りんぺん)や刺毛を備える。それらの形状や分布および足指の形態などは分類の標徴とされ、7科18属に分類されている。各地の湖沼や海浜の砂泥帯、水草の生育域、コケ群落、土壌のすきまにたまっている水に生息する。室内の金魚鉢や花瓶の水にも多数出現する。本来は雌雄異体であるが、繁殖はもっぱら処女生殖である。日本で最初に発見されたイタチムシ類の学名はChaetonotus nodicaudusであったが、その後は再発見されておらず、現在は属名もPolymerurusに変更されている。[鈴木 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタチムシの関連キーワード袋形動物腹毛類徒武者輪形動物皂莢虫イタチムシ(鼬虫)スイクチムシ(吸口虫)イカリトゲオビイタチムシウロコイタチムシハダカイタチムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イタチムシの関連情報