コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチロー イチロー

6件 の用語解説(イチローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチロー
イチロー

[生]1973.10.22. 愛知,豊山
プロ野球選手。本名鈴木一朗。高校卒業後,1991年プロ野球オリックス・ブルーウェーブに入団。 1994年仰木彬監督により2番打者に抜擢され (その後1番打者に定着) 驚異的な活躍をみせ,シーズン終了時の打率は当時の日本プロ野球の歴代2位にあたる3割8分5厘。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

イチロー

米国メジャーリーグのマーリンズに所属するプロ野球選手。外野手。右投左打、背番号31。本名は、鈴木一朗。1973年10月22日、愛知県西春日井郡生まれる。身長180センチメートル、体重79キログラム(2016年8月現在)。妻は、元アナウンサーの福島弓子。
小学校中学校時代から全国大会に出場するなど活躍し、愛工大名電高校に入学。2年時の夏に外野手として、3年時の春には投手として、2度甲子園に出場したが、いずれも初戦で敗退している。
91年のドラフト会議で、オリックス・ブルーウェーブから4位に指名されて入団。プロ入りから2シーズンは、ウエスタンリーグで活躍しながらも1軍では出場機会が少なかった。この時期、2軍打撃コーチの河村健一郎と共に「振り子打法」を作り上げ、これは後に日本時代のイチロー代名詞ともなる。94年、登録名を本名の鈴木一朗から「イチロー」に変更。このシーズンから就任した仰木彬監督に見いだされ、レギュラーに定着した。シーズン安打の日本記録を更新する210安打を記録し、打率3割8分5厘で首位打者を獲得。最優秀選手ベストナインゴールデングラブ賞等を受賞した。
99年4月には、日本プロ野球史上最速となる757試合目で1000安打を達成。2000年まで、7年連続して首位打者のタイトル、ベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝くなど、多くの記録・タイトルを得て活躍した。
00年11月、ポスティング制度により米国メジャーリーグのシアトル・マリナーズへ移籍。野手としては初の日本人メジャーリーガーとなった。移籍1年目の01年からシーズン最多安打を記録し、首位打者、盗塁王を獲得。MVP、新人王、ゴールドグラブ賞に輝くなど一流メジャーリーガーとして活躍。以降10年まで10年連続で200安打以上を記録し、このうち04年には、1920年にジョージシスラーによる257安打の米国メジャーリーグシーズン記録を84年ぶりに更新する262安打を記録した。07年オールスターMVP。
2011年に連続200安打以上の記録が途切れ、12年7月にトレードシアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースに移籍。移籍2年目の13年8月には、日米通算4000安打を達成した。米国メジャーリーグで4000本以上の安打を記録したのは、過去2人だけである。15年からマーリンズに所属する。
16年6月15日(日本時間16日)のパドレス戦で、ピート・ローズの持つメジャー最多記録の4256安打を日米通算ながら抜いた。日米間の野球の違いなど記録の重みについての議論を呼び、またチームで先発出場の機会に恵まれずに苦しんだが、8月7日(日本時間8日)のロッキーズ戦で史上30人目となる大リーグ通算3000安打を達成した。この記録に対しては、ピート・ローズも絶賛した。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2016年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちろう〔イチラウ〕【イチロー】

[1973~ ]プロ野球選手。愛知の生まれ。本名、鈴木一朗。平成3年(1991)オリックスに入団。平成6年(1994)、当時のプロ野球新記録となる1シーズン210安打を放ち首位打者となる。平成13年(2001)米国メジャーリーグに移籍し、アメリカンリーグの新人王、盗塁王、首位打者、MVPなどを獲得。平成16年(2004)メジャーリーグの年間最多安打記録を更新。平成21年(2009)9年連続200安打のメジャーリーグ記録を樹立。平成28年(2016)にはメジャーリーグ最多記録の4256安打を日米通算の安打数で上回った。同年、メジャーリーグ3000安打を達成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イチロー

プロ野球選手。外野手。本名鈴木一朗。愛知県生れ。愛工大名電高を経て,1992年ドラフトドラフト制度参照)4位でオリックス・ブルーウェーブに入団。登録名を〈イチロー〉に変更した1994年に,独特の〈振子打法〉で69試合連続出塁,シーズン210安打,打率3割8分5厘のパ・リーグ記録を樹立し,首位打者,最多安打賞,最高出塁率の3タイトルとMVPを獲得。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

イチロー

1973- 平成時代のプロ野球選手。
昭和48年10月22日生まれ。平成4年オリックスに入団。右投げ左打ちの外野手。仰木彬(おうぎ-あきら)監督の発案で登録名をイチローにかえた6年,「振り子打法」により日本プロ野球史上最多の210安打(130試合)を達成,3割8分5厘で首位打者となる。9年216連続打席無三振を記録。12年まで7年連続首位打者。同年アメリカ大リーグのマリナーズに移籍。13年242安打,3割5分で首位打者,56盗塁で盗塁王となり,新人王と最優秀選手(MVP)を獲得。16年大リーグ年間最多安打262を記録,2度目の首位打者(3割7分2厘)。22年日米通算3500安打,大リーグ10年連続200安打を達成。24年ニューヨーク・ヤンキースに移籍。25年日米通算4000本安打を達成。27年マイアミ・マーリンズに移籍。愛知県出身。愛知工大名電高卒。本名は鈴木一朗。
【格言など】もはや,ありきたりの選手でいることはできない(MVPとなったときの記者会見)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチロー
いちろー
(1973― )

プロ野球選手(右投左打)。アメリカ大リーグ(メジャー・リーグ)外野手。愛知県生まれ。本名、鈴木一朗。愛知工業大学名電高校では投手として甲子園に出場した。1991年(平成3)にオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)からドラフト4位で外野手として指名されて入団、1年目にウェスタン・リーグ(二軍リーグ)の首位打者となった。3年目の1994年にはオープン戦で活躍し、監督仰木彬(おおぎあきら)(1935―2005)によって、「イチロー」という登録名で一軍に起用された。独特の振り子打法で、一時4割近い打率をマーク、1シーズン210安打という、日本のプロ野球としては空前の大記録をつくって首位打者を獲得した。以後、セントラル、パシフィック両リーグで「イチロー」に倣い、愛称を登録名とする選手が現れた。翌95年には首位打者に加えて打点王と盗塁王もあわせて獲得し、2000年まで7年連続パ・リーグの首位打者。2000年11月にアメリカ大リーグ(アメリカン・リーグ)のシアトル・マリナーズとメジャー契約を結んだ(登録名は「ICHIRO」)。2001年の開幕戦からレギュラーとして活躍。同年の大リーグ・オールスター戦には、ア・ナ両リーグを通じて最多得票で選出された。2001年シーズンで、新人では史上初の首位打者と盗塁王の2冠を獲得、またア・リーグの新人王、最優秀選手(MVP)にも選出された。2002年シーズンは、首位打者獲得は逃したものの、2年連続で200本安打を達成するなど活躍した。2004年シーズンにはジョージ・シスラーGeorge Sisler(1893―1973)がもっていた大リーグの年間最多安打記録(257安打)を84年ぶりに更新、年間262安打を記録した。また、打率3割7分2厘で2回目のア・リーグ首位打者となった。2005年シーズンには大リーグ通算1000安打を達成。[森岡 浩]

2006年以降

2006年シーズンは年間224安打を放ち、大リーグ史上3人目となる6年連続200本安打を達成。シーズン前に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本代表の中心選手として活躍、優勝の原動力となった。2007年は3割5分1厘の高打率を残し、238安打で2年連続シーズン最多安打のタイトルを獲得、連続200本安打の記録を7年に伸ばした。また、7年連続で出場したオールスター戦では、オールスター戦史上初となるランニング・ホームランを放ち、日本人初のMVPに選ばれた。
 日本での9年間の通算成績は、出場試合951、安打1278、打率3割5分3厘、本塁打118、打点529、盗塁199。獲得したおもなタイトルは、首位打者7回、打点王1回、最多安打5回、盗塁王1回、MVP3回、ベストナイン7回、ゴールデン・グラブ賞7回。2007年までの大リーグ通算成績は、出場試合1118、安打1592、打率3割3分3厘、本塁打67、打点427、盗塁272。獲得したおもなタイトルは、新人王、首位打者2回、最多安打4回、MVP1回、盗塁王1回、ゴールドグラブ賞7回。[編集部]
『佐藤健著『イチロー物語』(1995・毎日新聞社) ▽梅田香子著『イチロー・ルール』(2001・扶桑社) ▽イチロー担当記者グループ編『ICHIRO』(2001・ラインブックス) ▽シアトルタイムズ記者グループ著、夏目大訳『イチロー262――地元紙が伝えるメジャー新記録への軌跡』(2005・イースト・プレス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチローの関連キーワードインターリーグメジャーリーガーニューヨークシティーマラソンニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨークニューヨーク・ワンメジャー・リーグ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イチローの関連情報