コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イデオロギーの終焉 イデオロギーのしゅうえんThe End of Ideology

1件 の用語解説(イデオロギーの終焉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イデオロギーの終焉
イデオロギーのしゅうえん
The End of Ideology

アメリカの社会学者 D.ベルが 1960年に発表した論集。工業化の進展によってイデオロギー的には対極に位置するはずのアメリカとソ連の両体制に類似性が現れていることを論じた体制収斂 (しゅうれん) 論の代表的著作。現代社会技術革新によって生産力の飛躍的な発展をとげており,「所得革命」や「完全雇用」によって「ゆたかな社会」を実現しているという事実認識を論拠にしたマルクス主義の唱える窮乏化による階級闘争論への反論でもあった。プロレタリアートの経済的貧困の解消によって階級を存在基盤とするイデオロギーはその役割を終える。政治はもはや絶対的な帰依を求めるイデオロギー同士の激突ではなく,利益集団間の妥協による市民政治に姿を変えるのである。イデオロギーの終焉とは政治における絶対的信念の終りであり,1枚の青写真に従って社会の全体を変革できるとする思考様式に対する破産宣告でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イデオロギーの終焉の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone