コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドリース朝 イドリースちょう Idrīs

3件 の用語解説(イドリース朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドリース朝
イドリースちょう
Idrīs

アリーの子孫であるイドリース1世 (在位 789~793) がモロッコに建てたシーア派イスラム王朝 (789~926) 。首都はフェスイドリース2世 (在位 793~828) の治世末までが黄金期で,その後は兄弟間で帝国が分割されたために衰え,926年ファーティマ朝の軍隊に滅ぼされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イドリースちょう【イドリース朝 Idrīs】

モロッコの王朝。789‐926年。第4代カリフアリーの子孫イドリースIdrīs b.‘Abd Allāh(?‐793)がメディナでの反乱に失敗した後,モロッコに逃れベルベル人の一派アウラバ族の支持を得て建国した。史上最初のシーア派王朝とされるが,その政治に,顕著なシーア派的特徴はない。首都として建設されたフェスには,アンダルスイフリーキーヤからアラブが移住し,進んだ文化や技術を伝えた。9世紀前半には,政治的分裂が進み,王朝は衰退,ファーティマ朝により滅ぼされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イドリース朝
いどりーすちょう
Idrs

モロッコの王朝(789~926)。第4代カリフ、アリーの子であるハサンの曽孫(そうそん)イドリースが、アッバース朝に対する反乱に失敗したのち、メッカ近郊ファッフからモロッコに逃れ、ベルベル系の一派アウラバ人の支持を得てワリーラ(ボリュビリス)に建国した。史上最初のシーア派王朝とされるが、支配者がイマームを称したことや、イフリーキヤ(チュニジアを中心にしたマグレブ東部)やアル・アンダルス(イベリア半島内のイスラム教徒の支配地域)からのシーア派教徒亡命者を保護したこと以外に、その政治に顕著なシーア派的特徴はない。
 イドリース1世の死(一説にアッバース朝カリフ、ラシードの密使による毒殺)後、ベルベル人の妾(しょう)カンザの子イドリース2世が即位した。彼によって、イドリース1世に始まる新首都フェズの建設が完成し、また国家体制が整った。フェズにはアル・アンダルスやイフリーキヤからアラブ人の来住が絶えず、都市の拡大を促し、進んだ技術や文化を伝えた。ヤフヤー1世の平和な治世(849~863)下にはとくに来住者が多く、カラウィイーン・モスクやアンダルス・モスクなども建設された。早くも9世紀前半には兄弟間で領土の分割が始まり、王朝は衰退、ファーティマ朝によって滅ぼされた。モロッコ史で重要な役割を果たすシャリーフ(ムハンマドの子孫)の権威と伝統は、この王朝に由来する。[私市正年]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイドリース朝の言及

【マグリブ】より

…すなわち,トリポリ地方の遊牧民でザナータ系のハッワーラHawwāra族は,ハワーリジュ派(イバード派)のルスタム朝(777‐909。首都ターハルト)を支持し,シジルマーサには,ベルベルによってハワーリジュ派(スフリ派)政権,ミドラールMidrār朝(806∥807‐976∥977)が建国され,アウラバAwraba族は,アッバース朝に反乱を企て失敗したハサン家のイドリースのイドリース朝(789‐926。首都フェス)建設を助け,クターマKutāma族は,過激シーア派のイスマーイール派を支持してファーティマ朝(909‐1171。…

※「イドリース朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イドリース朝の関連キーワードモロッコモロッコ革AMUタトワンモロッカングランソッコモロッコ水晶の謎モロッコへの道いたずらラッコのロッコモハメッド5世陵墓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone