コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナーム inām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イナーム
inām

アラビア語。語源的には贈り物という意味であるが,インドではおもに国家から与えられた免税特権,あるいは免税地を意味する。宮廷の功臣,武将やヒンドゥー教イスラム教などの寺院や聖者に与えられた。また村落共同体のなかにもこのような免税地があった。ムスリム諸王朝のもとで用いられた言葉であるが,マラータなどのヒンドゥー王朝においても用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イナーム【in‘ām】

アラビア語では〈親切な行為〉〈施与〉などを意味するが,インド史では,ふつう,デカンとくにマラータにおいて,税を徴収されず世襲的に保有を認められる土地の賜与を意味した。このような土地をイナーム地とよぶ。一地方や村の世襲役人にとって,王から与えられる役得または恩給となるものであった。イナームは,広くは,一地方の税収の一部を享受するばあいをも指した。【小名 康之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イナームの関連キーワードアラビア語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android